お散歩大好き猫ブログ

お散歩が大好きなジョージ兄ちゃんを筆頭に
ソマリの姉弟チャームとマロン
大阪発信のお笑いブログを毎日更新しています。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
<< 4440.猫の日 | main | 4442.猫の爪切り >>
4441.百箇日

葬儀って準備しておくべき?


今日は猫婆の百箇日。四十九日がお正月だったから、年末になる前に三十五日の法要をしたけど、まだ四十九日じゃないからと後かざりは片付けず。その後は皆さんに頂戴したお花も咲いてるし、お参りに来てくださる方も居るし、過去帳が出来上がるまでは仏壇にうつせないなと、結局ずっと後かざりをしたままだった我が家。でも今日で百箇日だからね。遅すぎる忌明けになったけど今日はきれいさっぱり片付けよっと。今日はお寺さんがなかなか送ってくださらない過去帳をりに行くついでにお寺で拝んでもらおうと思ってる。

 

お葬式の時には慣れない喪主であたふたしちゃったけど、今となっては良いお式だったなって思うんだ。猫婆が看取り期に入ったと宣言を受けた日に、施設からいざという時どうするか決めておいてくれと言われて、何軒か葬儀屋を回って前もって決めておいたのが慌てず済んだのだと思う。なにしろ亡くなってすぐ遺体をどうするかとか決めてなかったら焦っちゃうもんね。

 

最初は一番お安い葬儀だと噂の「小さなお葬式」にしようと思ったんだけど、説明聞いてみるとココはネット上の会社で葬儀場などは持ってないのだ。契約してる葬儀場の中でその日の空きがある所を紹介すると言う。それでは前もって式場も見れないし祭壇も決めれないのかと、近所の小さなお葬式と契約している葬儀場に強引に訪ねてみた。でも実際はその葬儀場であげれるかどうかはわからないと言う。ようはその葬儀場が自分の所の他家のお葬式が入ってなければ引き受けるってシステムだから。安いのは自社で葬儀場を持ってないからなんだとちょっとビックリした。


いざという時バタバタするのは目に見えてる。それなら葬儀会場だけでも決めておきたい。どんな葬儀にするか祭壇だって事前に決めておけばいざという時に助かるし。場所が決まれば親類はどこに泊まってもらう?食事はどこで?とかも先に決めておけるし。いくつか回った中から「千の風」という家族葬ホールに決めた。近所に「千の風」が3軒ほどあってどこか空きがあるだろうと思ったからだ。それと一番の決め手は担当さんが良い人だったから。


ひとくちに葬儀と言ってもプランは4種類ある。葬儀はせず火葬場に直接行く「火葬式」、お通夜はせず告別式だけする「一日葬」、通夜と告別式を家族中心でする「家族葬」、そして幅広く参列者を呼ぶ「一般葬」。うちは通夜と告別式のベーシックな家族葬599000円のプランを選んだ。でも実際はこの価格にお寺さんの費用やら火葬代やらもろもろかかるから我が家は100万弱のお金がかかった。


それともうひとつ初七日をいつするかと言うので悩んだ。関東では告別式の中で初七日もしてしまう「式中初七日」というのが一般的らしいのだが、関西ではまだ珍しい。でも告別式の当日にお式をして出棺して火葬して骨あげしてそれから初七日をして食事をしたのでは遅くなってしまう。それなら関東風に告別式の中で初七日の法要もしてしまって、火葬を待ってる間に食事したら、骨あげ後にすぐ解散出来る。遠くから来てくれた親類にも優しい配慮だと思ったからだ。実際これは親類から大好評だった。


あたしは今時の火葬事情ってのを全く知らなかったのだけど、葬儀の日にちって火葬場の予約が取れるか取れないかで決まるもんなんだね。とにかく火葬場は混んでいるらしい。住んでる市以外でも火葬は出来るけど費用は高くなっちゃう。猫婆が亡くなってすぐに決めておいた葬儀社の担当さんの携帯に電話をかけた。すぐに火葬場の空きを聞いてくれて、そこで火葬の時間から逆算して葬儀の日時が決まって無事に遺体を葬儀場に運ぶ事が出来た。

 

積み立て式の葬儀とか契約してはるご両親も多いだろうけど猫婆は全くしてなかった。葬儀社によるけど事前に会員になってると2割3割と安くなる所も多い。先に色々決めたら縁起が悪いと思いがちだが、ネットなら亡くなる1分前でも会員になれるそうだ。あたしは先に考えられる事を全部決めて会員にもなっておいた。それでも結局バタバタだったけど、なんとか乗り越えられた。兄妹が居れば良いのだけどひとりっ子はこういうとき大変だもんね。


こんな葬儀事情を猫ブログで書くのもおかしいのだけど、みんな通る道だもんね。私がやっておいて良かったと思った事。普通なら臨終後に葬儀社のフリーダイヤルに電話をして手配を頼むのだろうけど、担当さんの携帯を聞いておいたので直接かけれて色々便利だったとか。遺影の写真は1枚だけじゃなく色々多めに候補を準備しておいたらビデオやスライドも作ってもらえたとか。臨終後に着せる物は先に準備しとかないと慌てるとか。会場を先に決めておいたので地図などをもらっておけて親類へのお知らせに便利だったとか。事前に予算を伝えておいたので余計な事は省いてもらえて良かったとか。葬儀っていくらで出来た?どんな準備が必要?って知りたいけど聞きにくいって方が多かったんで、宗派や地方によって色々違うだろうけど記事にしてみました。ちょっとは伝わったかな〜。

 

***********************************
伯父に100満点のお式だと言ってもらえたんだ。
色々準備しておいて良かったと思ったよ〜。
にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ 
***********************************
インスタも始めました【ココをクリックすると見れるよ
動画をアップしてるので良かったら動く姿を見てね〜。
| 猫娘(ねこむすめとにゃんず) | 猫婆日記 | comments(14) | - |
ぴんくのコスモス (2020/02/23 3:23 AM)
綺麗なお花に囲まれて、「本当にありがとうね」と、猫婆さんが、感謝しているようで。私の父母の葬儀の時は、こんなに素敵な写真なくて。葬儀の時も写しておけばよかったと 後悔しております。本当に一人ですべて進めるのは、大変な事だとあらためて感じました。これから、三回忌まで忙しいですが無理なさらないでくださいね。
キララン (2020/02/23 5:06 AM)
若い人は就活に婚活。
キラ子世代はそろそろ終活。(してませんが〜〜)
嗚呼こんな時も言葉遊びする不謹慎なワタクシを許してね・・
今日で百か日、一周忌まで一区切りですね。
本当に猫娘さん、おひとりでよく頑張りましたね。

私は父の時にはこの辺で主流の(比較対象にために載っている4枚の写真の右下のような)祭壇が嫌で洋風のキャンドルが主流の一寸こ洒落た祭壇にしたら若い人には好評でした・・・年配の人はどう思ったかはしれませんが自分の親の葬儀だし娘の特権で私が選びました。

ルドママさん、この辺りでは亡くなられた方の夢見たときによく言うんですが『喋って欲しくても何故か死んだ人は夢の中では喋らない』って・・・モーモーパパさんもただ微笑んでいらしたんですね。ニコニコしながらママさん一家を見守ってくれて。いるんですね。

そうそう、中国のSNSを発信し続けたジャーナリストが行方不明ってTVで見ました・・・中国は何を考えているのかしね。別の医師は日本での初期対応から感染拡大を危惧してましたね・・余り書くと当局から連行されるかも(口は災いの元?)
チビ助のママ (2020/02/23 7:18 AM)
おはようございます。
私の両親は互助会に入っていました。
父が元気だったので持病がある母が先に行くもんだと父も思っていました。
実家から近い所で契約していたけど、父が脳梗塞で先に逝き契約していた施設はエレベーターもなく足の悪い母を2階まで連れて行く事、人数もいないのに棺を2階から運ぶ事が大変でした。
お年寄りが参列してくださるならばエレベーターはあった方がいいですよね。
母の時は家族葬、お通夜なし告別式のみ、火葬場も一番安い所を選びました。
私は火葬のみでいいと思っています。
子供たちが休んで大変です、配偶者がいればその方にも迷惑がかかるでしょ!

でも、お葬式って気持ちの問題だと思います、お金をかければかけられます。

猫娘さんはしっかり猫婆様を送ってさしあげました。
お疲れ様でした。
猫婆様も喜んでいると思います。

今日もファイト♪\(^-^)/
サッティ (2020/02/23 7:46 AM)
おはようございます
私の両親は兄が豪華にしてくれました
大変だったでしょうね
私だったらできなかったな~と友達に行ったら
生きてる時に色々した方がいいねっと言ってくれました
細かく書かれて参考になりますね
猫婆様良かったですね
taza (2020/02/23 8:17 AM)
告別式に続き初七日をするのは大変合理的です。同じ日にして1日ですむと思っていたけれど、終わったらクタクタです。
遠方からの親戚知人に好評、その通り。

さて昨日は都内に引っ越した息子夫婦のもとへ。ふと時計を見れば、2時22分、あら2ばっかり!

ルドママさん文章の終わりに。。2回(また2出ました!)じーんとしみました。
やらいちょう (2020/02/23 8:18 AM)
人が一人亡くなるということは
本当に大変なことなんですよね。
うちもそんなに遠い未来のことではないので
色々と勉強させていただいてます。
amesyo (2020/02/23 8:43 AM)
以前は自分の家での葬儀が当たり前だった・・で近くのお寺を借りたり・・何時の日か斎場専門メモリアルホ−ルが出来て・・私は自分が死んだら葬儀は無し直で斎場へを希望して遺骨はあんずと娘の少しの腰ある遺骨と一緒に海へを書き記しています、
私は今まで実母・祖母・祖父・継母・父・義母・まさかの娘・・色々体験して自分の時を考えました
お墓があるとお寺への負担も大きくなります・・まぁ〜私は個人的に旦那のお家のお墓には・・で・・海への散骨を希望です・・遺骨になっても自由にあちこち行きたい〜(笑)
キャサリン (2020/02/23 8:48 PM)
猫婆さまのお通夜・お葬式は、おじさまから満点をいただいた通り、細部まで猫娘さんの気配りが施された、とても落ち着いたお式でした。
猫婆さまのご遺影も祭壇のお花も、しきたりを重んじる人からは意見があったかも知れませんが、そこは宇宙人の猫婆さまご本人のお式ゆえ、笑って許していただけたと思います。

昔と生活様式が変わり、現存のお仏壇やお墓も質素化傾向にある中、無理して時代に逆らう事もないかと。
まして猫娘さんのように、お一人の場合は、ご自分が亡き後の事も考えないとダメですもんね。
私も死んでまでお金と時間を使って欲しくないなぁ。
出来れば式もせず、後々の世話の要らない方法でどこかに埋めて貰えたらと思います。

ERI (2020/02/23 9:24 PM)
私の親はまだまだ元気ですが、自分も年齢を重ね、親が高齢になってきて色々と考えるようになりました。
その時が来たときに、会場の手配等や知らせなければいけない人、親に聞いておかなければならない事等々。色々ありますね。
猫娘さん大変でしたね。いいお式で送ってあげられて良かったですね。

美羽に兄弟を作ってあげられなかったので、私や夫が病気や認知症など、その時が来たときに負担をかけてしまうなぁと…色々考えてしまいます。
せめてその時に相談できる相手が美羽の側に居てくれることを願うばかりです。
ルドルフのママ (2020/02/23 10:25 PM)
百箇日が終わられて一区切り。
猫娘さんお一人でいろいろ大変でしたね。お疲れさまでした。
事前の心の準備、あるのと無いのでは大違いだと思います。
主人の時は突然だったので、何がなんだか分からないまま決めなきゃいけない事が一度にきて、葬儀社の方に教えてもらいながらでした。
私の時は娘に負担をかけたく無いので、少しづつ終活しなきゃなと思っています。
ぶっちゃんママ (2020/02/23 10:38 PM)
お一人で何もかも準備されて無事に済まされた猫娘さんに頭が下がります。
家族葬で私も良いと思ってます。
父の葬儀も家族葬にしました。
家の前に、葬儀社があって、評判が良かったので近くで便利で何かと助かりました。
担当の専務さんのお名刺も頂いてたので携帯に連絡したりしてました。
正直、父が病気してからも、後のことを母も私も何も決めていなかったので、たまたま家の前に葬儀社があったから、トントン拍子に進んだんですが、父の日頃の行いが良かったのでしょうね(笑)
父のお骨はまだ家の仏壇に有ります。
お墓が無いので、どうしようかまだ悩んでます!
元ニャンコの母 (2020/02/23 11:53 PM)
以前、猫婆様のお葬式について猫娘さんとお話しした時、亡くなられたお父様に恥ずかしくないお葬式にしたいと仰ったのが印象的でした。
正にその通り、行き届いた心に残る御葬儀でした。
猫娘さんが十分下調べをされ、準備をなさったからだと改めて思いました。

若い頃からセレモニー嫌いであったワタクシは、旅立つ時は通夜も葬儀もしない火葬のみの直送を望みますが、こればかりは残された人の意向がありますから無理でしょうね。
445 (2020/02/24 12:31 AM)
猫娘さん、おひとりでここまで完璧なご葬儀をなさって素晴らしいです。
この数ヶ月、何度も
病床の父から「葬儀社を探して」と言われた母から
愚痴のように「どうしよぅ〜〜」と言われ続け、
遠方なので、ネットで探しても実態分からずのことが
実態として少し分かりました。
情報ありがとうございますーー!

元々、心臓病で身障者だった父が
大腿骨骨折で緊急搬送された先で
硬膜下血腫で更に別病院へ緊急搬送され
緊急手術したのが去年7月。
それからも色々ありながらも
やっと退院かもとなった矢先。。。

病院の廊下でこけて
顔面全面骨折。
血が止まらず肺に流れるので呼吸困難になって
集中治療室へ逆戻り。

ってのが、つづきつづき。
精神的に参る母と
話せないけど、多分いちばん参ってる父。

ってな中で、葬儀どうしたらいいん?
ってのが
ずっとあったので
ありがとうございました〜。

久しぶりなのに暗くてごめんにゃ。

みんにゃんの話で、いつも癒されているにゃ!!ありがとう。
猫娘 (2020/02/24 12:32 AM)
♪ブログをご覧くださった皆様へ♪
今日は猫ブログにはあるまじき記事で失礼しました。でもあたしの記録でも
あるブログなんでたまにはこんな記事もイイよね。お褒め頂いたような気の
効いたお式じゃなかったけど来てくれた友達が言ってました。みんなの笑顔
が印象的なお式だったと。そうです、なみだなみだの式じゃなかったからね。
猫婆のお友だちは誰ひとり参列がなかったので、あたしの生前葬?って思える
ようなお式だったんだよ。あたしにはお葬式あげてくれるような子供も旦那も
親戚も居ないから、生前葬があげれて良かったとも思ったよ。でもお葬式って
先に自分で全部決めておかない限り、残された人が決める物だよね。というか
残された人が決めたらいいモンなんだと思う。あたしはたぶん猫婆の為と言う
より、自分が納得したいからちゃんと式を挙げたかったんだとおもう。猫婆の
縁が切れてた兄弟とかに、みんなが苦労させられたあのひとが死んだ事の報告。
そしてそんな事情何も知らない父の親類にはきちんと見送ったと伝えたかった。
先に逝った父にも、あたしはやり遂げたよって言いたかったのかも知れないな。
小さい時からネグレクトだったし、あたしを産んだ母親は誰もが認める宇宙人
だったから、介護のあいだも何度も放り出したかったけど、最期まで頑張った。
父に褒めて欲しかったのかもしれない。父に恥じない形でそっちに送ったから
あとはよろしくってね。さて百箇日だった今日。お寺さんに行く予定だったけど
明日にして欲しいと言われ、お葬式でも入ったのかな?と思いきや。なななんと
我が家の過去帳が行方不明だったみたい。夕方過去帳は送ったはずだと言われて
受け取ってないというと、調べて折り返すとのこと。それが今夜遅くなってから
嬉しそうな弾んだ声で見つかった?的な電話がさっきかかってきて驚いちゃった。
ええ加減なお寺さんなんだから〜。お葬式の時からイマイチ相性あわん人やと
思ってはいたけど、早急には変えれないので三十五日を頼んだから、その時は
違うお坊さんが来てくれって、その人は良い方でよかったんだけど。お寺の住職
さんはどうも気に入らん。こちとらは待ってた過去帳すっかり忘れてたんやもん。
探してた時は「新しい過去帳でした?」なんて言ってたから、それなら取り返し
付くとでも思ったのかな?なんかやな感じ。明日お寺で百箇日の約束してるけど
行きたくなくなっちゃったもーん。