お散歩大好き猫ブログ

お散歩が大好きなジョージ兄ちゃんを筆頭に
ソマリの姉弟チャームとマロン
大阪発信のお笑いブログを毎日更新しています。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
<< 4429.マフラー | main | 4431.スリスリ猫 >>
4430.母さん命日

ジャネットが持っていった猫風邪。

 

猫娘の宝物だったジャネット母さん。あれは12年前の2008年2月12日、風太が旅立ってたった4日後の出来事だった。まさかジャネット母さんが逝ってしまうなんて、全く想像すらしていなかった。今日はそのジャネット母さんの命日なんです。
j0628.jpg

ジャネットが我が家に来たのは、阪神大震災の半年前1994年の事。その頃はまだデジタルカメラなんて無かったし、 猫の写真を撮るなんて習慣も無くて、仕事で使ったフィルムが残ってたら最後に少し撮る程度だったから、ジャネットの子猫時代の写真は少ししかないの。現像したその数少ない写真も、アルバム自体を猫婆が無くしてしまったので、ジャネットの子供時代の写真は悲しいかなもう残っていない【額に入れてた写真だけが少し残ってただけなの】そしてブログを始めて猫達の写真を撮るようになって、たった半年でジャネットは逝ってしまったから、やっぱりジャネットの写真が一番少ないのだ。
j1099.jpg

猫の14歳は人間で言ったら72歳くらい。でもそんな風には見えなかった愛猫ジャネット。まん丸のお目々が可愛い子だったでしょ。性格が優しくて思いやりのある子で、猫娘が野良さんを保護して来ても、文句ひとつ言わずみんなを愛してくれた子。小さい時からいつも犬や猫が側にいる暮らしをしてきた猫娘だけど、もしもジャネットが居なかったら「多頭飼い」は出来なかったと思うんだ【ジャネットが育てて来た子達の話はココで読んでね】それだけジャネットの母性本能は特別だったの。
j1077.jpg

あれはジャネット母さんが逝ってしまう10日くらい前の事。最初は風太が風邪を引いた事から始まったの。庭で暮らしていた風太がくしゃみをしていて、それがあの頃よく一緒にお散歩に行ってたジョージにうつったのだと思う。ある晩ジョージがやたらくしゃみをしていたの。
j0330.jpg

くしゃみをしてるジョージをしっかり抱きしめて寝ていたジャネット母さん。ジョージは甘たれだったから、毎晩のようにジャネット母さんの肉球をちゅぱちゅぱ吸いながら寝ていたんだよね。だからあの時ふたりを隔離しようなんて思いつきもしなかった。でもあの時ジョージが外から持って帰った風邪菌は、ジャネット母さんの体を蝕んでいたんだと思う。
j0280.jpg

ジョージは若かったし体力もあったから、くしゃみが出る程度で終わった風邪は、ビビ太にもうつってビビ太もくしゃみをし出したの。あの頃の猫娘は心のどこかで、ビビ太の方がヤバいんじゃないかと感じてた。ビビ太はもともと弱い子だったから、
言葉には出さなかったけどビビ太が逝ってしまうんじゃないかと思ってた。でもあの時、それはまるでジョージやビビ太の代わりに「あたしが逝くわ」ってジャネットが言い出したかのように、自ら虹の橋に旅立ったジャネット。「怖い猫風邪菌は全部あたしが持って行くわ、それがいいのよ」とでも言ったかの様に。
j0625.jpg

だってジャネットは慢性便秘がたたって巨大結腸ではあったものの、健康診断でも健康優良児だって言われてたんですもの。ジョージが来た頃は太り過ぎで血液検査の結果も最悪だったジャネットだけど、大幅なダイエットにも成功したし、子育てでよく動くようになって、高齢になって始めた健康診断もいつも良い結果だった。それに何よりジョージやビビ太がくしゃみをし始めた時、ジャネットはくしゃみさえしていなかったんだもの。
j0670.jpg


最初に風邪を引いた風太が亡くなったのは、ジャネットが逝く4日前のこと。あの風邪菌は我が家の大事な猫を、たった4日の間に2匹も奪ったの。あたしは自分を責めた。ずっと泣きながら自分を責めて責めて責め尽くした。何故もっと早くに気がついて、猫達を別居させなかったのかと。猫風邪って怖い病気なのに、風邪菌が蔓延する前になぜもっと対処出来なかったのかと。
j0710.jpg


猫達の時間は人間よりもずっと早いスピードで過ぎていってしまう。どうやっても人間が猫達を看取る時がやって来てしまう。高齢になればなるほど、その悲しい瞬間を少しでも先延ばししたいと考える。でも猫娘は、もしもその時がやって来たとしたら、無理な延命はせずに自分の腕の中でその瞬間を迎えようと思ってたの。なのになのに、あたしはジャネットの最後の時を病院で、しかも病院に預けてすぐで、間に合わずにひとりで迎えさせてしまったのその時の話はココに書いてます】それが今も心残りで「ジャネットごめんねごめんね」って何度も何度も言ってしまうんだ。きっとじゃネット母さんは「気にしなくていいのよ」そう言ってると思う。いつまでも引きずってダメな飼い主だよね〜。いつになったらこの気持ちぬぐえるんだろう。いつまでもこんな話を書いちゃうあたしを、きっとジャネット母さんは「めっ」って怒ってるだろうな〜。でも悲しいけど、素敵な素敵な愛する子の想い出なんだ〜

 

***********************************
ジャネットを抱きしめた感触は忘れないよ。
最愛なる偉大な肝っ玉母さん、今も愛してるよ。
にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ 
***********************************
インスタも始めました【ココをクリックすると見れるよ
動画をアップしてるので良かったら動く姿を見てね〜。
| 猫娘(ねこむすめとにゃんず) | 想い出日記 | comments(15) | - |
キララン (2020/02/12 4:45 AM)
毎年いただいているカレンダーの2月はジャネット母さんなので私もあの時につい思いを馳せてしまいます。風太君の4日後にまさかのジャネット母さんまで・・何でこんな酷い試練を与えるのか?神様はいないのか?と他人の私ですら思いましたもの・・・

猫娘さんの愛する可愛い可愛いジャネット母さんは今でも何時でも猫娘さんとジョージ君たちを見守っているよ(チャーちゃんとマロン君は直接ジャネットちゃんと一緒には暮らしていないけど)

肝っ玉母さんそのねのだったジャネットちゃんだから、大きな愛で猫娘さんを見守っているに違いないですよ。

キャサリンさん、トイレ故障って?リフォームしたばかりのトイレ?それともトイレはリフォームなさらなかったのかな?水回りの故障は本当に大変ですからね。修理しないと何かと不便だし気が重くなりますね。
チビ助のママ (2020/02/12 5:20 AM)
おはようございます。
胃が痛いので区の胃カメラ検査をしようかな?
左膝の脱臼も頻繁、膝の裏側に激痛、今日は整形外科ですね〜
洗濯機はベランダなんですが、いただき物なので10年くらいですね〜
アマゾンでカバーを買ってバンドで飛ばされないようにしていましたが、変な音はしていました。(;_;)
毛布を洗いたいので8キロを買いました。

ジャネット母さん、14歳だったんだね。
まだまだ早いでしょ!
みんなの母さんは猫娘さん、ジョージ君、チャームちゃん、マロン君を見守っているね(=^ェ^=)

チビ助も14歳だったなぁ〜
猫生これからだと思うけど、弱くなるのかな?

キャサリンさん、トイレの故障は困りますね〜
リフォームしたばかり、保証はしてくれるのかな?
洗濯機も危ないですね!

今日もファイト♪\(^-^)/
やらいちょう (2020/02/12 7:08 AM)
優しく
素敵な猫さんだったんですねー(=^x^=)
サッティ (2020/02/12 7:17 AM)
おはようございます
ジャネット母さん14歳なんですね
今は20年とか長生きしてる猫ちゃんも多いですね
私が昔飼ってた猫ちゃんはいつの間にか
いなくなってました
taza (2020/02/12 7:28 AM)
ジャネット母さん、いつもみんなを見守ってくださってありがとうございます。猫娘さんの悲しみをいつもどど〜んと受け止めてくれているんだろうな。
と、ワタシは勝手に思っております。

キャサリンさん、トイレの不具合は大問題!
リフォームされたのかされていなかったのか?そこ重要ですがとにかく早くなおってほしいですね。
amesyo (2020/02/12 8:36 AM)
先に逝く子は何か大事な人の苦を持って逝くと言います 猫娘さんの大事なジャネットママも優しい気持ちできっと苦を持って逝ったのでしょうね。今頃は猫婆様のお供をして天国に先に逝ったかも・・
愛した子は何時までも心にいますね
ぶっちゃんママ (2020/02/12 4:11 PM)
ジャネットちゃん、猫娘さんを永遠に見守ってくれてますよ。

私も、ぶっちゃんが入院して危篤状態になった時は、怖くて心配で眠れませんでした。
医者に任せるしかないです。
家に連れて帰った方が良いと判断して連れて帰ったら、どんどん悪化したから後悔しました。
入院させたままにした方が、ぶっちゃんも長く苦しまなくて済んだのにと!
生命力が強くて良かったですが!
早く目のヘルペスも完治してほしいと願ってます。
キャサリン (2020/02/12 5:22 PM)
愛する我が子とのお別れ、これは想像を絶する悲しみです。
生きている全ての個体には、必ずやってくるのですが、やはり悲しいです。
でも、ジャネット母さんが居たからこそ、今の猫娘さんが居らっしゃるんですよね。
猫娘さんの中には、もしかして苦しんだかもしれない顔はありません。
それがジャネット母さんの望みだったと思いましょう!


皆さま、トイレ事情に同情ありがとうございました。
洗濯機は、以前家の中に置いていたのですが、部屋を少しでも広くしたくて、去年のリフォームを機に、二階のベランダに移動させました。
トイレは、一緒にリフォームしようか悩んだのですが、壊れてないし、と断念したのに今になって潰れました(T T)
部屋に続きトイレが新しくなり、主婦の特権で一番に使いました。
コーキングが乾くまで掃除しないで下さいと言われましたが、ずっと掃除しなくていいトイレが欲しいわっ。
にゃんずぱぱち (2020/02/12 5:44 PM)
ジョージくんとビビ太くんの風邪を
みーんな持っていってくれたジャネットさん^^
ジャネット母さんの愛は大きいって
改めて思います♪
ルドルフのママ (2020/02/12 8:13 PM)
愛する子の想い出、決して忘れることなどできないですね。
肝っ玉母さんだったジャネットちゃん。
虹の橋でもみんにゃのステキなお母さんなんでしょう。
大きな大きな愛いっぱいでみんなを幸せにしてくれてありがとう。
ルドルフのママ (2020/02/12 8:18 PM)
キャサリンさん、トイレも新しくなったんですね♪良かったですね☆
ララほっぺ (2020/02/12 8:32 PM)
こんばんは、ララほっぺでち☆
ジャネットたんのご冥福をお祈りします。
2008年でちか。一回り時間が経ったの
でちネ。
大阪は雨だと思います。ジャネット母さんの
ように、優ちい雨であって欲ちいでち。


元ニャンコの母 (2020/02/12 11:32 PM)
毎年2月12日が巡って来ると、猫娘さんのジャネット母さんへの深い想いが伝わって、涙してしまいます。
愛するものを失う事は本当に辛いです。
優しい肝っ玉母さんだったジャネット母さんに、一目会いたかったです。

猫娘 (2020/02/13 1:42 AM)
♪ブログをご覧くださった皆様へ♪
今日はジャネットにたくさんのお優しいコメントありがとうございました。
今でも忘れられないジャネットを抱いた時の柔らかい感触。撫でたときの
ミンクのような手触り。お腹のプヨプヨっとした所をつまむと、ちょっと
恥ずかしそうにしながらもゴロゴロ言ってたな。ほんまにいい子だったな。
あたしが色々な猫達を拾ってきても嫌な顔一つせずに出会った途端の子を
ぎゅっと抱きしめて「怖くないのよ」「ココが貴方のお家よ」「あたしが
ママになってあげる」って感じの子だった。出会って一度もシャーする事
もなく抱きしめられるってすごいことだと思ったよ。ジョージはもちろん
風太もハー子もビビ太も、みんなジャネット母さんの愛情たっぷりに育ち
優しい子になった。そしてジャネットの愛をたっぷり受け取った子たちが
チャームやマロンを育て、みんないい子いい子。呼んだら来る。お客様も
大好き。みんな甘えん坊で。他の子に優しい。今のみんなで仲良く幸せな
生活があるのは全部ジャネットのお陰だよ〜。肝っ玉母さんのジャネット
が居てくれたからこそだよ。今もきっとみんなを見守ってくれてる。私も
守られてるよね。14歳って、その時までは我が家で一番の長生きをした
子だったけど、今はジョージが記録更新してくれて15歳。確かに20歳
とか超長生きな子が結構居ると言うけど、やっぱり10歳すぎると色々と
悪いとこが出て来て我が家では12歳とか14歳とかがボーダーラインの
ように感じちゃう。もうすぐ16歳になるジョージがガツガツご飯を食べ
元気にスタスタ散歩に行く姿を見ると、ほんまに幸せ感じちゃう。どうか
この幸せな毎日がずーっと続きますように。ジャネット母さん見守っててね。
みきぽん (2020/02/15 9:31 PM)
ごめんなさい!ジャネットさんの命日に3日も遅刻
するなんてホントにごめんなさい&#8252;
うちの子たちもほぼ14才で行っちゃったのよね
ジョージ君達はジャネットさん風太くんビビ太くんたちの
分も長生きしてね