お散歩大好き猫ブログ

お散歩が大好きなジョージ兄ちゃんを筆頭に
ソマリの姉弟チャームとマロン
大阪発信のお笑いブログを毎日更新しています。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
<< 4020.猫こたつ | main | 4022.変身マロン >>
4021.心がチクッと

罪悪感との戦いかもしれません。


今年のビックニュースと言えば猫婆の正式入所。やっと解放されたと思う反面、ほんまにコレで良かったのか?的な想いも少しあって、なんだか複雑なんですよね〜【とっても良い施設なんですけどね】というのも猫婆のガンは肝臓に転移してるから、ピンピンシャンシャン生きられる訳ではありません。大腸ガンは今年全部取ったから心配ないけれど、肝臓に転移してる2カ所の腫瘍は退院時は3センチと1センチだったのに、数日前のCT検査では7センチと3センチに巨大化してるのが分かり、ただ85歳と言う年齢を考えると手術で取るとか抗がん剤治療は体力がもたないし余計に悪くなってしまうと先生は言います。原発癌ではなく転移癌なので大きくなってるとはいえ肝臓自体の働きは問題なく、このまま様子をみていくのがベストだと言うのが病院が出した方針なのです。年齢的にガンの進行が先か?寿命が先か?だからと先生はおっしゃいます。でもあたし的にはこれから弱っていくだろうだろう母親を施設に入れて本当に良かったのか?でもあたしひとりでの自宅介護は限界だったしな〜。そんな葛藤が頭の中を行ったり来たり。猫婆もあたしも幸せに過ごすため、そう思っていても、親の施設入所って少なからず罪悪感との戦いなのかもしれませんね〜。
2020_3.jpg

いつか入れるかもと介護3になったのを機に申込んだ近所の特養。入りたい一心で色々頑張ってたはずなのに、なんでだろう?手放しで「やったぁ〜」って気持にならないのは何故?これからは愛する3にゃんとのんびり暮らせるはず。もっとウハウハ喜びが湧いて来ると思ってたのにな〜。

1897_2.jpg


この5年の介護生活は色々あり過ぎてほんまに地獄だった。自宅に爺ちゃんを連れ込んで裸でいちゃいちゃしてた時はさすがに我慢出来ずプチ家出したけど、結局猫婆ひとりでは生活出来ず家に戻って、今度は逆恨みした母にハサミで刺され、もう心が辛くてどうしようもなかった。全部認知症と言う病気のせいだったかは定かでないしね〜。

9193.jpg


「ねっ!これでいいんだよね?あたし間違ってないよね?」って、ついついジョージに語りかけたりして〜。猫婆が入所してからそんな事ばっか繰り返してるな。

9195.jpg


なにしろ猫婆は認知症になる前から、あたしの友達に「宇宙人」と呼ばれてた人。ちょっと普通じゃ考えられないほど強引で超我が儘な母親だったことは事実です【宇宙人が認知症になったから余計に大変だったんだ

9933.jpg


小さい頃からネグレクト、自分の欲望が優先だから育児放棄的なことをする人でした。でも人前では娘を愛する母を演じる、だからあたしは誰にも寂しいって泣きつくことが出来ませんでした。でも逆になんでもひとりでやる子に育ちました。

9950.jpg


二十歳の時に父が他界してからは、金遣いの荒い猫婆に毎月十万ずつ生活費を渡すことを強いられ、初任給が十万なかった時代から金銭的に苦しめられた。三年前まで続いた月10万円のお金は総額4千万を超えてるはずなのに、どこを探しても一銭も残っておらず、いったいどこに消えたかが謎なのだ。
3229.jpg

特養に入所すると余程の問題を起こさない限り家には戻ってきません。この施設は看取りまでしてくださるので、猫婆の終の住処になる予定。でももし入院して3ヶ月が経過してしまうと、その時は出なければなりません。それが特養のルールなんだって。

0431_2.jpg


終の住処になったんだって事が理解出来ない猫婆は「猫が待ってるからあたし帰る」とダダをこねます。娘さんを困らせなくなったら頼んであげるわよって言う介護士さんの言葉を信じてなのか、今は考えられないほど大人しくしてるし〜。やっぱり家に戻りたいのだろうか?そんな態度を見ると少しだけ心がチクッと痛むんだなぁ〜。きっと施設に親を入居させた方は、皆さんそんな思いをしてらっしゃるんだろうな〜。罪悪感は今だけのものなのか?ずっと続くのかは分からないけど、こんな近所に入所出来たんだし、今の所は毎日通って猫婆をなだめて、やっぱお家には戻らないで欲しいと願う猫娘なのでありました。

 

***********************************
5年間の介護生活は本当に辛かったから
戻って来られたら困るって思ってるけどね。
にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ 
***********************************
インスタも始めました【ココをクリックすると見れるよ
動画も時々アップするので良かったら見てやってね〜。
| 猫娘(ねこむすめとにゃんず) | 猫婆日記 | comments(24) | - |
コスモス (2018/12/30 1:03 AM)
自分自身が倒れる前に距離をおくことが出来て良かったと思います。

一緒にいると心が病んでいきます。

ネグレクトがある場合は、一緒に居ないほうがいいと思います。

山に棄てたわけでもないし、逢いたい時には、すぐにでもあえるのだから。
入居したくても経済的に出来ない人は、沢山いらっしゃいますので、入居出来るだけでもお母様は、幸せです。

ニャンずたちのお母さんなのだからファイト&#8252;
harry (2018/12/30 1:44 AM)
罪悪感に苛まれなくてもいいと思います。
もうプロに任せた方がいい状態なんだし、
近所だからすぐに様子も見に行かれるしね。

とはいえ……
いろいろと複雑なのでしょうね。
taza (2018/12/30 4:55 AM)
施設でお世話になった方が双方がしあわせだと信じています。でも、、、やっぱり割り切れないですよね。
ワタシも同じ気持ちです。
きっとこれは永遠の問題なんだろうなと。
数日前看取りケアの書類にサインをしました。
最後まで住み慣れたところでやさしくケアしてくださること、本当に頭が下がります。
年末年始何とか持ちこたえてほしいのですが、、、。

と、眠れなくて去年の今日のコメ欄を見たら夜中に黒豆を炊いていたとわかり、今年もそれでいこうとただいま黒豆炊いてます。
あらま暗い話題で失礼しました。
いとことことこ (2018/12/30 5:29 AM)
…皆さまご無沙汰しております。
「猫娘」のいとこで御座います…(*゜∀゜*)

直接…「猫娘」と「猫婆」とニャンズの生活を
垣間見てきた私としては、今「猫婆」は本当に幸せな余生を過ごしていると…心の底から思います。

私自身も「猫娘」と同じに一人っ子で、両親の老後や介護に向き合いました…
その経験から思う事は、〈何をしても、どう接しても…必ず何かしらの悔いは残る〉という事…

…でも、「猫娘」が羨ましいです〜〜…こうして本音を率直に話せる場があって、そして真剣にその思いに応えて下さるコメ欄の皆さまがいて…(*´∇`*)

いつも「猫娘」の心を癒やして、支えて下さってありがとう御座います…皆さまの存在がある限りっ!
「猫娘」とニャンズと「猫婆」の〈ほっこりブログ〉はこれからも不滅です〜〜〜(*^ー゜)♪♪
キララン (2018/12/30 5:55 AM)
昔は姥捨て山なんてあったのよね・・・
今は施設に入られただけでも本人にとっては幸せ!と思うことにしましょう・・
心がチクッと・・・は父の死後7年経った今でも思い出してはあれでよかったのかな・・・と思うくらいですから当然ですよ・・・例え小さい頃から今までどんな事があろうと親は親なんですよね・・・心が痛むのは子供として普通だよ。

昨日は信号に雪がへばりついて青だか赤だかの判別もつかない上にまたまたの地吹雪でした〜〜
今日もこんな中正月用品の買い物に行くの嫌だな〜〜

元にゃん母さん…民族大移動が無ければ無いで寂しいものがありますね。
チビ助のママ (2018/12/30 7:46 AM)
おはようございます。
西向きの部屋なので午後にならないと陽が入らないんだよね。
今の時期は洗濯をしても1日では乾かないでしょ!!!!

猫婆様、年齢も考えると手術、抗がん剤はムリだと思います。
抗がん剤って体力を使い、だるくなり、体力が回復しないうちに次の抗がん剤治療をします。(;_;)
私も大変でしたね、だるさ、吐き気、年齢を考えると絶対にムリですね。

私の友人も母子家庭で母親を施設に預け 、週末に洗濯を取りに行く生活をしていましたが、彼女が仕事をしないと生活が出来ないんです。
猫娘さんだってそうでしょ!!!!
親子が一番いい生活を送れる事が一番いいんですょ。

キラランさん地方は気を付けて生活してくださいょ。

元ニャンコ母さん、誰も来ないと淋しいけど少しゆっくりした生活もいいですょ。(^-^)

ジョージ君、カレンダーが届いていました。(=^ェ^=)
ありがとうね。

今日もファイト♪\(^^)/
サッティ (2018/12/30 7:58 AM)
おはようございます
猫娘さん大変苦労されましたね
どれだけしてもやっぱりこれで良かったとは
思えませんね
やらいちょう (2018/12/30 8:44 AM)
う&#12316;ん、
本当に大変でしたね。
その罪悪感はわからなくもないですが
正しい選択だと思いますよ。
多分お母さんにとっても・・・。
ミーコ (2018/12/30 9:15 AM)
猫娘さんはネグレクトで育てられたのに素直に育って
猫婆様のことを一生懸命に介護なさっていました。
私ならそこまで出来ないだろうなと思いました。
猫娘さんの心が壊れそうになる前に施設に入られたのは良かったと思います。
施設も近所にあるみたいなのでちょくちょく顔を出してあげて距離を取りながら見てあげればいいと思います。

色々なことを一生懸命にやってきたので罪悪感は持たなくてもいいと思いますが、こればかりは個人的な感情なので難しいですよね・・・・

私は反復性鬱病で今は障害者手帳を持っていますが、母の面倒を看てるときはしんどくて辛かったです。
このまま家で介護をしていたら共倒れになると思い施設の申込書を3件ほど書き何とかそのうちの1件に入る事が出来ました。私は罪悪感の前に自分が寝込んでしまったら大変だし、ひどくなると料理が作れなくなるので施設に入れて良かったと思いました。

どれだけしても悔いは残るのかもしれませんが・・・

私も一人で母を看ていましたが猫娘さんみたいに至れり尽くせりは出来なかったのでいつもブログをみては頭が下がる思いでした。だから罪悪感は持たなくていいと思いますが・・・
私の施設は看取りがありませんので悪くなった時が大変かなと思っています。
特養は3か月以上入院すると退所しないといけないので
元気でいてほしいとは思います。
入所して3年になりますがその間骨折や誤嚥性肺炎で2回は入院しました。1か月の入院だったので良かったです。特養に入れて良かったですが終の棲家でいようと思ったら3か月以上入院をしないでほんと元気でいないといけないんだと改めて思いました。

私も一人なので何かあったら家族さんが病院に連れて行ってくださいと言われるので体調が悪い時は辛いです

施設によってはスタッフさんが病院に連れて行ってくれる所もあるそうですが、私の所は全て家族さんが連れて行かないとダメなので一人だと辛いところです。

長々書いてしまいすみませんでした。

猫娘さんの所は今が一番ベストな状況だと思いますよ。




amesyo (2018/12/30 9:51 AM)
一人っ子に課せられる責任は大きいよね
と言っても 兄妹がいても・・兄の嫁さん次第で妹に多くの事を課せられます。兄は嫁に操られて・・結局は私一人で・・後の金銭的な処理は私には知らせず兄嫁が一人で兄の後ろで済ませましたしね(笑)
父はそんなに痴呆も出ずに何でも私の言うことを聞いてくれたので・・猫娘さんはお仕事を抱えて頑張り過ぎた・・自分の寝る時間さえなく夜中も熟睡できない・・身体が持たないぎりぎりまで頑張ってきたんだから 施設に入所はそんなに罪悪感感じなくっていいよ。カレンダ−ありがとうございました。
杏&空のかあちゃん (2018/12/30 10:04 AM)
猫娘さん
私は早くに両親を亡くしました。
大阪で仕事をしていた私は福岡の父も母も看取ることは出来ず。
母はガンと闘っていたので、できるだけお休みを頂いて帰省していました。その時考えられる出来る限りのことをしたつもりでしたが、それでももっと優しくできたかも、もっとそばにいてあげた方が良かったかも、もっと、もっと、もっと……とそんな思いは20年近く経った今でも消えません。

そういうものなのかも知れません。

猫娘さんは間違っていないと思います。
3ニャンと、すぐ近くにいる猫婆さんと今の形でのんびり過ごしてください。
それが猫娘さんの、3ニャンの、猫婆さんの幸せの形だと思います!
これからもブログ&Instagram、毎日楽しみにしています〜(*>∀<)ノ♪
姫ママ (2018/12/30 11:29 AM)
私は兄姉がいて、私自身同じ県内に住んでいても遠かったの両親の世話はあまり苦労してないのです。(休みの時は毎週泊まりでいってましたが、、)兄姉がいた事に感謝です。猫娘さんは十分過ぎるほど頑張りました&#8252;&#65039;お互いが幸せになるための施設入所なんだと思います。近くで毎日行ける場所ですし、猫婆様との関係いいど思います、入所していても入れっぱなしの家族が多いと聞きます。色々考える事はあるかもしれませんが、、、、
まずは風邪を引かないように3にゃんとのんびりお正月お迎え下さいね。
ぶっちゃんママ (2018/12/30 12:04 PM)
猫娘さんの決断は間違っていません!
もうじゅうぶん過ぎるほど猫婆様に尽くしたと思いますよ!
自分の人生を二の次にしてでも面倒をみてこられたのだから!
何があっても親子には間違いないのだから多少は罪悪感は誰でも有ることだと思います。
私の場合は、妹を施設に入れたことで、ホットした気持ちと可哀想な気持ちも少し有ります!
母を罵倒し時には暴力的な手が出たり、首まで絞めてしまう妹を、高齢で体が不自由な母が面倒を見ることに限界が有りました。
ケアマネさんがこの先の人生を心配してくださり妹を施設に入所手配してくれました。
正直私は、母に何かあった場合、妹が母を助ける事が出来ない上に足手まといになることを恐れて、これからの妹が母なしで生きて生活出来る場所をを確保しました。
母と妹は依存しあっていると精神科の先生が言ってました。
母が甘やかしたからなので、心を鬼にして妹を突き放してほしいと何度も母に言ってます。
母は苦労してきてるので、これからの人生をエンジョイしてほしいからです。
母自信も自分の娘を施設に入所させたことを可哀想と思っているようで、葛藤してます。
誰にでも有ることだと思います。
離れて暮らしてると余計な心配をしてしまうので、私自身胃潰瘍にもなったし、
来年こそは嫌なことが起こりませんようにと願うばかりです。
みぃたん (2018/12/30 4:00 PM)
カレンダー 届きました。
ありがとうございます。来年もジョージ君を始め みんなに見守られて生活できることに感謝です。

猫娘さん 介護 本当にお疲れ様でした。
知人に介護施設でお仕事をしている人がいますが 「自分の親が大変になったら直ぐにでも施設に預ける。専門家に任せることが皆の幸せ。こういう仕事をしている私でも自分の親は無理」と言います。
お一人で良く頑張られましたよね。立派だと思います。お疲れ様!!
たんぽぽ&ぴょん (2018/12/30 4:25 PM)
罪悪感なんて…そんなふうに考えないでくださいね。猫娘さんの全力介護いつも本当に頭が下がります。
わが家のわずかな経験からしても、良かれと思ってやったのに時間がたつとやらない方がよかったのでは…と悩んだり。逆はまたもっと悩むことになったり。どんなにしても考えてしまうのは現実。
でも、心と体の余裕がないと本当につぶれてしまいます。近くでにゃんずを連れてもいける施設でスタッフさんとも話し合いながら猫婆様を気遣っている猫娘さん、自分を責め過ぎちゃいけませんよ!
猫ブログの楽しい仲間たちとのおしゃべりで癒し癒され、元気になってくださいね〜(^^♪
最後になっちゃいましたが、猫カレンダー届きました。有難うございます\(^o^)/早速12枚並べてニヤニヤしてます。みんないいお顔。
2018年も残すところ明日1日。お仕事や大掃除に追われる皆さんも、余裕で新年待ちの皆さんもよい1日となりますように!
ヤムヤムママ (2018/12/30 4:46 PM)
入れて間違ってないと思う。
うちも毒親だから すべてではないけど
理解できる部分多々はあります。
(゚д゚)(。_。)お金をせびるのはうちもそうだよ。
いくら渡したっていつも足りないって言い張ります。
ブロ友さんで やはりネグレスト受け怪我して
学業終って家出た人は まったく母親と連絡とってない人もいます。
親の介護って 義務はあるけど 
基本は今まで接してきた愛情や信頼があってこそ心からできることです。
(虐待された等)はしなくていいの 心が壊れちゃう。
虐待をされていても猫娘さんは自分でできることをしたのですから
それで充分です。
親より これからは自分の時間を大切にしないといけないと思います。


スージー (2018/12/30 5:57 PM)
猫娘さんは今まで十分親孝行をされてきましたね
。私の友も実父と義母を施設に数ヶ月前に入所させました。入所時は、嫌がっていた両親も今では色々な所に連れて行って貰ったり、様々な行事に参加したり楽しく過ごしているとの事。
友も仕事を持っていて、遠距離に住んでいる為自宅介護は不可能なんです。
友も、ここに至るまで親の為に懸命に頑張っていたので今は、「これで良かった」と話してましたよ。
猫娘さん!これで良かったのよ。ポジティブに考えましょ!施設が直近にあるなんて何と幸せなことか! 猫婆さんが娘に逢いたい時はいつでも逢えるんですものね。
スージー (2018/12/30 6:17 PM)
今ポストを見たらカレンダーが入ってました。
どの月の写真も素敵。
いつも見られる所にかざるからね。
今夜は泊まって欲しかったのに残念!
きっと年内に届ける為急いでたのね。
気を付けてミニを運転してね〜
ROCK (2018/12/30 9:05 PM)
介護が大変なの分かります。
ウチも数年前迄問題なかった叔母さんが入所しました。
気付いた時にはかなり進行してるっていうのはショックですよね・・。
ジョージ君も少しは肩の荷が下りたかな?
れいぴー (2018/12/31 12:25 AM)
猫娘さんのいとこさんのコメントを読んで、これで良かったんだって思います。
猫娘さんは、今まで精一杯、猫婆様のお世話をしてきたので、罪悪感などは持たなくていいと思います。
お互いの幸せの為の選択。
近くというのも安心ですし、ちゃんと猫婆様に会いに行っていますしね。
猫娘さんは、これからお家で3にゃんと楽しく幸せに過ごして下さいな〜(^^)
元ニャンコの母 (2018/12/31 12:28 AM)
猫婆様の今の病状が、猫娘さんに罪悪感を感じさせるん一因だと思うんだけど。シンプルに考えましょ。
猫娘さんお一人では肉体的にも精神的にも自宅での介護は絶対無理。そして猫婆さまも娘と顔を突き合わせていたら、本来の攻撃的な負のご性格が出てしまう。これは不幸な事。故にお二人が距離を置く事=施設に入所して頂く事こそが最善の方法。
しかも近くで手厚い介護が受けられて、いつでもお顔も見に行けるし手助けもできる。これ程ベストな状況はありませんよ。もう悩まないで(といっても無理でしょうが)猫婆様に一番幸せな環境を作って差し上げたと、自信を持って下さい。
今迄も十分すぎる程、猫婆様に尽くしていらしたんですから。
ひにゃんこ (2018/12/31 12:50 AM)
猫娘さん 本当に辛い気持ちを抱えているだけに、なかなか言葉にさせませんよね。私は3年余りのしかも半分は病院でお世話になったので、事情はかなり違いますが、その時は手一杯仕事しながら出張しながらも、札幌にいる限りは毎日お弁当作って夜通い、いつ倒れるか状態でした。それでも後悔したくないので頑張っていたんですが、いざ見送ればあれもこれも出来たんじゃないかと思ってしまう。他の方も大概そんな感じが多いですね。

介護する家族の方が大事と、でないと通えないんですから。最善の策をとってきたと思いますよ〜 これだけ出来る人もたった一人でって訊いたことがありません。

もうあまり自分を責めないで、猫婆様にとっても最善の策と気持ちを切り替えれたら良いな〜〜って思います。

ひにゃんこ (2018/12/31 12:51 AM)
元ニャンコの母さんのようにシンプルに考えましょう!賛成です!
猫娘 (2018/12/31 2:01 AM)
♪ブログをご覧くださった皆様へ♪
今日は猫娘にこんなにもお優しいお言葉をありがとうございました。猫婆が
入所して1ヶ月半。もしも正式に入所ができたら万歳三唱で嬉しさのあまり
雄叫び揚げて毎日ルンルンな生活が待ってると心底そう思ってたんですけど。
コレが意外や意外。もちろん入った当初はコレで楽になれると喜んでたけど
時間が経つに連れ「ほんまにコレで良かったのか?」と思い始め、数日前に
受けたCT検査で殊の外腫瘍が大きくなってると聞いて、そんなに長く生きて
られないのなら「猫婆の望み通りもう少し家で頑張ったらよかったのか?」
なんて思っちゃってね〜。それと病院の先生の話を聞いてて思ったの。年が
年だから治療はしない、このまま定期的に様子を見るだけ。それは高齢なら
皆そうなんだと、そう聞いて。なんか病気になったら治療するのが当たり前
だと思ってたあたしには、なにもしない選択肢でいいのか?それしかない?
それでいいのか?って思いはじめちゃってね〜。もしも自分が余命宣告され
たとしたら、自宅で猫達に囲まれて過ごしたいって思うだろうなって。そう
思っちゃったのだ。でも余命宣告と言っても高齢だけに1年は大丈夫だろう。
もしかしたら3年かも?5年かも?そうなると癌の進行が先か?寿命が先?
って感じだと言う事だから、今さら猫婆にお家に帰ってもらう気などないし。
そんなこと考えてたら心がチクッとね、そう思っちゃったのだ。こんなにも
みんなに心配かけちゃってごめんね。今さら後戻りなどしないし、する気も
ないのだけど、自分だったらってほんの少しだけ考えて罪悪感持っちゃった。
でももう今日でおしまい。新しい年は自分の為に生きるんだもん。子供の頃
からずっと猫婆に縛られてたあたしに、やっとこさ自由が来たんだもんね〜。
自由になるのに60年もかかっちゃったけど、今は3ニャンとののんびりと
した生活を楽しんで、次は何したいのか考えてみるよ。ほんとにみんなあり
がとねー。こんなに素敵な仲間がいる事、あたしの財産だわ。