お散歩大好き猫ブログ

お散歩が大好きなジョージ兄ちゃんを筆頭に
ソマリの姉弟チャームとマロン
大阪発信のお笑いブログを毎日更新しています。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
<< 3994.紅葉の小径 | main | 3996.大阪冬の陣 >>
3995.ビビ太命日

ビビ太は幸せだったよね〜♪


今日は2009年に虹の橋に旅立ったビビ太の9回目の命日。ビビ太が我が家に来たのは2005年10月8日だったから、 たった4年しか一緒に暮らせなかったビビ太推定5才の猫生でした。あの頃はまだ元気だった猫婆が大阪の豊中という駅の裏で出会ったビビ太。「今日はバスだから明日娘と車で迎えに来るよ」 という約束を信じて、翌日同じ場所で待っていたビビ太【ビビとの約束の話はココだよ】 まるで赤い糸で繋がっていたかのようなビビ太との出会い。毎年この日にこの話をしちゃうけどそれも供養だと思って付き合ってやってね。
3152_2.jpg

野良猫の母さんから生まれたビビ太は産まれた時からひ弱な子で他の兄姉より随分と小さく、親に大事な栄養源である初乳をもらえず栄養失調の子でした。野良猫生活がそうさせたのか、我が家に来たビビ太は遠慮の固まりのような猫。でも我が家にやって来てジャネット母さんとジョージ兄ちゃんに出会い 「愛されること」を知ったのです。特にジョージとの出会いは運命の出会いだったようで「お兄ちゃん命」になっていきました
03094.jpg

このまま一生我が家で幸せに暮らしてくれる、そう信じていたのにビビ太が我が家に来てたった4年で不治の病がふたりの仲を引き裂いてしまったのです。詳しい病気の話はココをクリックすると書いてあるのですが、ほとんどの猫が持ってるコロナウイルスというウイルスが体内で突然変異を起こしFIPを発症し「余命一週間」と宣告されてしまったのです。それからその1週間を1ヶ月にしたい、あわよくば1年にしたいと猫娘とビビ太の戦いが始まりました。
01281_01.jpg

チューブだらけにはなるけど入院すれば週単位の延命はできると先生に告げられたけれど、極度の恐がりのビビ太を病院へ置いてくることなど猫娘には出来ませんでした。どう暮らすのがビビ太にとって幸せなのか?幾晩も考えて出した結論は「お家で今まで通り普通に暮らさせて私の膝の上で見送ろう」という結論でした。
0788.jpg

猫の前では涙を見せまいと誓ったのに迂闊にもジョージの前で泣いてしまった猫娘。その涙を見た日から、ジョージはビビ太のそばをひとときも離れなくなりました。きっと賢いジョージは全てを悟ったんだろうな。猫娘は1日おきにビビ太の病状を病院へ相談に行ってお薬を処方してもらい、猫娘がお家でビビ太に点滴を続けました。
bib0699.jpg

猫への点滴は勇気がいります。だって皮膚にブスッと布団針のような太い針を刺すんですもん。正直手が震えて震えてなかなか出来なくて、でも点滴の度に病院に連れて行ったんじゃビビ太が弱ってしまう。猫の点滴は鶏皮と鶏肉の間の空間に針を刺すような感覚だと聞き、鶏肉を買ってきて何度も針を刺す練習をしました。ビビ太はどんな時も逃げずに猫娘の点滴を受けてくれました。その度に猫娘はビビ太の「もっと生きたい」って声を聞いた気がしたよ。
bib0742.jpg

4にゃんだったあの頃。とにかく誰かがビビ太の側にいてくれて「トイレくらいはひとりでさせてあげたらいいのに」と思うほど。さすがにご飯の時だけはビビ太の特別食をマロンが狙っちゃうので【マロンはケージに閉じ込め隔離してました】マロンはケージの中でロッククライマーみたいになってたよね。
bib9855.jpg

遊びたい盛りのおこちゃまマロンまでもが、ビビ太を優しい目で見守っていたのには驚いたっけ。ビビ太が元気だった頃は、こんな風に上から見ていたら背中に飛び乗る合図だと思っていたけど、弱ってきたビビ太に絶対に飛びかからなかったもんな〜。おこちゃまなりに異変を感じ取っていたのでしょうね。
0811.jpg

朝晩の点滴のせいでビビ太からは薬の匂いがぷんぷんしてたのに、寂しがり屋のビビ太には誰かが側に寄り添い、決してビビ太をひとりにはしなかったよね。ほんとにみんなで看病してたんだよね。この子達の繋がりの大きさを毎日感じて、もしかしたら奇跡が起こるかも?と思ったんだけどな。
bib0211.jpg

そして9年前の今日「もう頑張らなくていいから」ってジャネット母さんのお迎えが来たんだよね。ビビ太は苦しむこともなく猫娘の膝の上で静かに息を引き取りました。病院の先生が言うような苦しみ方など全くせず、本当に優しい優しいお顔で「僕そろそろいくよ」って感じで逝ったのです。
bib0562_1.jpg

ブログでビビ太の病気の事を話したのは亡くなる2日前。それは「体重が2キロを切りそうになり、気力だけで生きてる感じがして、もうこれ以上は酷だ。ビビ太を楽にしてあげよう」と猫娘が覚悟した日。本当はみんなにいっぱい相談したくて不安で不安で仕方なかったあの頃。でも残された時間のことを言葉にしたら本当の事になってしまう、そんな気持ちで最後まで話さなかった。もっと何かしてあげれることがあったかもしれない。もっと早く気付けなかったんだろうか。可愛い我が子のことだから、どう決断したとしても後悔は必ずつきまとう。でも「猫の尊厳」というものがあるなら、きっとビビ太はこんな終わり方で良かったと言ってくれると信じてるのも確かなのです。だってビビ太は今でも我が家の大事な大事な家族なんだも〜ん。

 

***********************************
可愛い愛猫が突然病気だと告げられたとき。
ほんま辛いけど親が決めなきゃならないよね。
にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ 
***********************************
インスタも始めました【ココをクリックすると見れるよ
動画も時々アップするので良かったら見てやってね〜。
| 猫娘(ねこむすめとにゃんず) | 想い出日記 | comments(24) | - |
せんきち (2018/12/04 1:43 AM)
ビビちゃんの、命日ですか…。ビビちゃんは、猫娘さんのところで生活できて、きっと幸せだったと思いますよ。
amesyo (2018/12/04 5:00 AM)
もぅ〜9年なんだね・・
いきなり 4日に旅立つなんて・・
絶対忘れられない日に逝くのは・・ね
こんな*****いらないよ〜
キララン (2018/12/04 5:14 AM)
もう9年も経ったの?信じられな〜〜い。
だって天使猫ビビちゃんは今でも猫娘さんに代わって時々ブログ更新してくれるから何時だって猫娘さんと皆にゃと私たちの傍に居てくれてる!と信じてるもの。おばちゃんのビビちゃん愛は不滅です!

2日連続の寝不足(昨夜も嵐が吹き荒れました)で今朝は偏頭痛で頭がガンガン、猫娘さんのコメレスで言われる前にリアル吐きました〜〜え?吐いてね!ってそっちじゃないってか(爆)家の中グチャグチャ!吹き抜けの2階部分から、まあ物が落ちてくる〜飛んでくる〜〜この2日間で家電が蹴られて壊れたのいっぱい!トホホな息子に母はもうどうしたらいいか分からない・・・昨日も会社から帰ってくるの嫌だった・・・キャサ子さんと同じく育て方間違えたと凹みます。

ぷっちゃんママさんも偏頭痛お辛そう・・・

さてさて気を取り直して・・・
今日はamesyoさんのお誕生日ですね。焼肉食べに割り勘で?お隣の本場のお国まで?楽しんでいらしてくださいね。
そしてshoさんのお誕生日でもあります。
お二人ともおめでとうございます♪
taza (2018/12/04 5:28 AM)
ビビ太君はブログ更新してくれるからそばにいてくれていますよね。もう9年もたったとは!
ワタシは初めてこちらのブログを知った時、
ビビ太君はすでに天使猫だったけれど、
それを知ったのはすこし時間がたってからでした。

昨日は母にお祝いコメをありがとうございました。

近所のイチョウ並木、落ち葉がいっぱいで、
ジョ-ジ君のように踏みしめながら歩きましたよ。

amesyoさん、shoさん、お誕生日おめでとうございます!

ところでキラ子さん家、大変なことに、、、。
言葉になりません。
たすくママ (2018/12/04 6:29 AM)
もう9年も経つのですね。
虹の橋では歳はとらないのだろうけど、ちょくちょくブログに登場してくれるから、一緒に歳を重ねてる気がします。
我が仔が重い病気に罹ったとき、少しでも長く生きて欲しいから、病院での治療に委ねてしまうけど、我が仔の気持ちに立った治療の選択はベストだったのだと思います。その決断に至るまでにはものすごい葛藤がありますけどね。
でもビビ太くんが大好きな家族に見守られて穏やかに旅立てたことがそれを物語っています。
私はチャットを病院で一人で逝かせてしまったから、余計にそう感じます。

キラランさん、とてもお辛い状況なのですね。
どんな言葉をおかけしても、現状を目の当たりにしているキラランさんの慰めにならないかもしれないけど、子育てに失敗はないと私は思っています。だって愛情もって育ててきたのですもの。
息子さんの所業も甘えの裏返しのような気がします。これ以上キラランのお心が痛みませんように。

最後になりましたが、amesyoさん、shoさん
お誕生日おめでとうございます!
チビ助のママ (2018/12/04 6:37 AM)
おはようございます。
アレルギーが出ていて体中痒みがひどく、今日は病院のハシゴです(;_;)

ビビ太君、猫婆様、猫娘さんに出会い家猫になって期間は短かったけど幸せな猫生だったよね。
9年もたったとは、いつも12月のカレンダーで会っているから信じられないなぁ(;_;)
ビビ太君の病気の話しを読んで朝から涙、涙だった日を思い出します。
みんなで仲良く遊んでいると信じていますね。(=^ェ^=)

キラランさん、体調は大丈夫ですか?
我慢をしている、しないといけないキラランさんだから心配です。

ぶっちゃんママさんも偏頭痛、辛いのが分かります。
お大事にね。

amesyoさん、shoさん、お誕生日おめでとうございます。(^-^)

今日もファイト♪\(^^)/

サッティ (2018/12/04 7:24 AM)
おはようございます
ビビ太君の命日ですか
猫場様猫娘さんそしてジョージちゃん初めチャームちゃんとマロンに出会えて短い人生でしたね
やらいちょう (2018/12/04 7:25 AM)
こうして写真で見てるから
いつも側に居てくれるように感じます( ´ ` )
ハニ兄貴 (2018/12/04 8:13 AM)
今年こそは泣くもんか!と思いながら涙ツーッ。でもこうしてブログでちょいちょい会えるから幸せです。
amesyoさん、shoさん、お誕生日おめでとうございます。幸せいっぱいであります様に。
キラ子さん、心配です。とにかくまずは自分の命を1番に考えて下さいね。
Anne (2018/12/04 9:31 AM)
もう9年も経つんだね!
いつもブログ更新をしてくれているから、何だかいつも会っている気がしているよ(o´∀`)b
猫婆さまに会えて、短くても幸せな日々を過ごせたんだよね!
またブログ更新宜しくね!
ぶっちゃんママ (2018/12/04 9:46 AM)
毎回ブログに登場してるからこの世にいない事が不思議です!
どうしても涙が出てしまいます。
ビビ太君は猫娘の永遠の家族ですよ!

amesyoさん、shoさん、お誕生日おめでとうございます♪

キラランさん、旦那様は助けてくれてますか?
キラランさんだけでは無理ですよ!
家族だけでは解決できないと思います!
専門分野の方に助けてもらった方が良いでしょう!
私の妹も昔は、暴れて部屋の物を壊したりタンスの引き出しに穴があいたりしてます!
正直、甘えからきてます!
父が亡くなってから、ケアマネさんが心配して、専門分野のケアマネさんを紹介してくれて、いろんな手続きをしてくれ
病院を変えて3ヶ月の入院を終えて、自宅で過ごしましたが、高齢の母一人では面倒を見るのは無理!今後の生活を考えて専門の施設を妹に探してくれて入所しました。
まだまだトラブルはついて回りますが、妹が生活出来る住みかを確保出来たので
少し気持ちが楽になりました。
台風で実家の玄関と屋根が破損したのが
まだ修理も出来てない状況ですが、先に玄関だけでも修理出来る許可が保険屋からおりたので、年内には終わるでしょうが、屋根は来年になるようです!
業者が出入りするのに妹がいてたら、パニックになってたかもなので、このタイミングで入所出来て良かったと思ってます。
長くなってスミマセンm(__)m

偏頭痛のこと有り難うございます。
今朝起きたら治ってたのに、また痛くなりました(-_-;)
気圧には勝てません!
amsyo (2018/12/04 10:24 AM)
ここで祝って頂きありがとうございます&#10084;&#65039;心温かなメッセージ感激です&#8252;&#65039;もぅ&#10071;&#65039;喜ぶ歳じゃ〜無いんだけど無駄に歳を重ねてます&#10071;&#65039;こんな婆さんを祝って頂きありがとう(笑)
ROCK (2018/12/04 10:46 AM)
ウチも猫さんの事は、ギリギリになってからか、虹の橋を渡ってからの報告にしていました。奇跡的な事も経験してるから、信じて看病続けて・・。
今年は奇跡が起きず、悲しい事が続きました。猫さんとの別れは何度経験しても辛いのですが、元気だった頃の写真を見る度生きてる時の事を思い出し、心の中で生きているって実感出来ます。
こばん (2018/12/04 12:40 PM)
あぁ…もぅ…何枚ティッシュがあっても足りない…。
にゃんずぱぱち (2018/12/04 4:04 PM)
ビビ太くんはジャネット母さんやジョージ兄ちゃん達に
本当に沢山の愛情を貰ってて幸せだったと思うな〜♪

sho (2018/12/04 4:05 PM)
お祝いのお言葉ありがとございます。amsyoさんと同じなんだ。確か同じ市だったような...
今朝、近所にのらちゃんの子猫がうろうろ。ミャーミャー。鳴き声聞くとかわいそうで、気になるんだけど飼ってやれない今日この頃です。
スージー (2018/12/04 7:08 PM)
amesyoさん、shoさん、お誕生日おめでとうございます。

ビビちゃんは猫婆さんに逢えて本当に良かったね。「迎えに来るからね」の言葉信じて待っていたのね。幸せな4年間を過ごせたのね〜

キラランさん、息子さんの気持ちを全て吐き出せるお医者さんに巡り逢えるといいね〜
お孫ちゃんのお世話で手いっぱいのお母さんに、少しだけでも自分の方に向いて欲しいという思いがあったのかなあ〜
息子が苦しんでいた時に病院への行き帰りに車の中で長時間一緒にいたんだけど、その時に、抱えていた思いを吐き出してくれたの。私も孫の事で手いっぱいで、それまで気付かなかった事を詫びたのよ。人の一生は山あり谷ありよね〜 いつかあんな事もあったね〜と、息子さんと笑いながら話せる時が来るよ。
Bits (2018/12/04 7:12 PM)
ビビ太君のお話は何度読んでも涙が出ます。
猫娘さんはジャネットちゃんと辛い最期のお別れでしたからビビ太君との最期はやはり腕の中で…との強い思いがあったと察します。ビビ太君はすごく幸せな気持ちでお空に旅立ったと思います。猫さんは楽しい事しか記憶に残らない、、とか何とか聞いた事があります。ビビ太君は猫娘さんやジョージ君達と過ごした楽しい思い出だけをカバンに詰めて旅にでたんですね。病気で苦しかった事やお外生活の苦労はきっと忘れて 今頃はたくさんの猫友と暖かい場所でのんびりしてますね(^^)
みきぽん (2018/12/04 8:39 PM)
ビビ太くん、あちらに行かれてもう9年なのね
この間同じ愛護会でご縁を頂いた里親友達、ウチと同じ2頭のネコさんがいたんだけど1ヵ月の間に2人共亡くなったのよ。
嘆き悲しんでる彼女を見て、風太くんとジャネットさんを思い出したわ。猫娘さん体調は大丈夫?カレンダー、年を越してもいいから楽しみにしてるよ〜
harry (2018/12/04 9:56 PM)
ビビ太くんもう9年なのね。
でもブログ更新に来てくれるもんね。

素敵なお家の子になってよかったね。
幸せだったよね。
キャサ子 (2018/12/04 11:32 PM)
私がこのブログを盗み読みし始めた頃は、すでにビビたんは虹の橋の住人(猫さん)になってましたが、毎週帰ってきてブログを更新してくれているので、今もそこに居るように感じます。

ビビたんは間違いなく幸せだった。
そう信じてます。

キラランさん、ご自身の抱えてらっしゃる事を、吐き出す場所が必要です。
手遅れ(キラランさんが壊れてしまう)になる前に一度専門医を受診して下さい。
昔と違って今は心療内科も増えてきてますし、いろんな病が発症すると、専門医のドアを叩く勇気を出してください、と言われます。
そして1日でも早く、負担を減らして下さいね。
ルドルフのママ (2018/12/04 11:59 PM)
ビビちゃんの命日。9年経つんですね。
虹の橋でみんにゃのお世話してくれてるんだよね。ありがとう☆
いつでも帰って来てくれるスーパーキャットさん!

ameshoさん、shoさんお誕生日おめでとうございます♪

キラ子姐さん、大変な日々を過ごされてますね。
少しでも負担が軽くなりますようにお祈りします。
元ニャンコの母 (2018/12/05 12:11 AM)
今日はビビ太君がお空の天使になった日。
猫娘さん、猫婆様とお知り合いになって、僅か1ヶ月半程で旅立ってしまったビビ太君。
愛猫の為に奮闘する猫娘さんの姿は、何回巡って来ても涙無しでは読めません。
もう9年も経ったのね・・・。
今でもビビ太君は『お散歩大好き猫ブログ』の大切な構成員!皆んな大切に想ってるよ♪

amesyoさん、shoさん、お誕生日おめでとうございます☆☆素敵な一年となりますように♪

キラランさん、一度専門家に相談してみられたら如何でしょうか。良い方向への糸口が見つかるかもしれません。お一人で抱え込むのは辛過ぎます。
猫娘 (2018/12/05 1:53 AM)
♪ブログをご覧くださった皆様へ♪
今日もたくさん見て下さってありがとうございました。ビビ太が逝ってしまって
はや9年。5年の猫生しかなかったビビ太だけど、それ以上にみんなの心の中に
残ってるビビ太はほんまに幸せ者ですよね〜。もしもビビ太が我が家に来ないで
あのまま野良生活を続けていたらと思うと。きっともっと短い猫生だったかも?
なんて思うせいか、5年も生きれて良かったとも思うのだけど。それでももっと
もっとビビ太と一緒にいたかったんだな。心の中では今もビビ太は生きてるけど
それでもやっぱ寂しいな。表情豊かで甘えん坊で、いつも遠慮がちだったビビ太。
イイキャラだったな〜。ビビ太見てると飽きなかったな〜。でもこれからも一杯
ビビ太が記事書いてみんなの心の中に住んでてね。写真は撮れなくても心の目で
見るからね。キラランさん家の息子さんもワンちゃんと住みたいと思った優しい
心の持ち主なはずなのに、何がそんなに物に当たらせてしまうのでしょう?心が
カサカサしてしまうの?心の中に何か悪い物が住み着いちゃってる?お母さんは
そんな息子さんをじっと見守ってきはったでしょ。体も心も壊れかけても家族を
守ろうと必死なお母さん見て、それでもっと困らせるような事をしちゃうなんて
もうご自分で自分の心をコントロールできなくなっちゃってなあい?お母さんに
子育てに失敗したなんて思わせたい訳じゃないよね?何がそうさせてしまうの?
どうして旦那様はそれを助けてはくださらないのか?おふたりのお子様なのに〜。
ぶっちゃんママさんの妹さんもお辛い時期を過ごして、そして今は専門の施設に
入りはったんだ。専門分野のケアマネさんって居てはるんだね。でもきっとソコ
に至るまでには大変な思いされたんだろうな〜。キラランさんもたとえ相談する
だけでも話を聞いてもらうだけでもキラランさんの心が少しでも軽くならない?
きっと世の中には同じ思いをされてる方が一杯いてはる。ウチも猫婆の事とかで
同じ様な思いをされてる方の事をケアマネさんから教えてもらった時には、少し
だけ救われた気がしたんだ。一緒に戦うってケアマネさんが言ってくれはったら
ひとりじゃないって思えたんだ。ハニ兄貴がよく似た体験されてて知恵を貸して
くれて、気持ちを分け合える仲間って大事だって痛感したの。キラランさんにも
そんな方が出来たらいいな〜。いきなり施設なんて言ったらもっと大変なことに
なっちゃうだろうから、まずはキラランさんが専門医のお知恵を借りることから
始めるだけでも。きっとお時間作るのも難しいだろうけど、それでも心が粉々に
なっちゃう前に何かしら行動起こせたらいいね〜。最後になっちゃったけどお誕
生日だったamesyoさんは美味しい焼き肉食べてはるかな〜。shoさん今日は家で
猫友さんが集まったんですよ。shoさんをお誘いしたかったのだけどあたしったら
以前頂いたメールが見当たらなくてお誘いしそびれちゃったの〜。もしも良ければ
あたしにメール下さると嬉しいな。今度は絶対なくさないよう保存して次回は是非
お誘いしたいのだ〜。