お散歩大好き猫ブログ

お散歩が大好きなジョージ兄ちゃんを筆頭に
ソマリの姉弟チャームとマロン
大阪発信のお笑いブログを毎日更新しています。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
<< 3699.バイト猫 | main | 3701.猫の回覧板 >>
3700.母さん命日

あれから10年も経つんだな〜♪

 
今日はオレの大事な母さん、ジャネット母さんの命日なんだ。10年前の今日、まさか母さんが逝ってしまうだなんて誰が思っただろう。4日前に風太兄ちゃんが逝っちゃって悲しみに暮れる暇もなく母さんの具合が悪くなって、まさか母さんが冷たくなって帰ってくるなんてオレは信じられなかった。母さんはあの時14才、オレも今年の誕生日が来たら母さんと同じ歳になるんだよ〜。
9548.jpg

ジャネット母さんは猫娘の宝物だった。飼い主と猫と言う関係じゃなくて、親子?姉妹?親友?相棒?いやどれも違うな。猫娘の体の一部だと言ってたよ。オレも猫娘と14年暮らしたらそれ以上の関係になれるのかな〜。
j0628.jpg

猫の14歳は人間で言ったら72歳くらいだって。でも母さんはそんな風には見えなかったな。まん丸お目々のべっぴんさんでオレの自慢の母さんだった。性格が優しくて思いやりがあって、猫娘が野良猫を保護しても文句ひとつ言わずみんなを愛してくれたんだ【母さんが育てた子達の話はココで読めるよ】肝っ玉母さんってイメージだったな。
j1077.jpg

でもオレは後悔してるんだ。あれはジャネット母さんが逝ってしまう10日くらい前のこと。最初は風太兄ちゃんが風邪を引いてくしゃみばっかしてたんだ。その風邪をオレがもらって帰って来ちゃったんだ。
j0330.jpg

くしゃみをしてるオレを抱きしめて寝てくれたジャネット母さん。というかオレは毎晩のようにジャネット母さんの肉球をちゅぱちゅぱ吸いながら寝てたからな。あの時オレが持って帰った風邪菌がジャネット母さんにうつっちゃったんだと思う。
j0280.jpg

オレの風邪菌はビビ太にもうつしちゃったんだよな。ビビ太はもともと弱い子だからビビ太の方がしんどそうだったんだけど、でもあの時、まるでオレやビビ太の代わりに「あたしが全部もって逝くわ」って感じで母さんが背負っちゃったんだ。
j0625.jpg

ジャネット母さんは慢性便秘がたたって巨大結腸だったけど、それ以外はどこも悪くなくて健康診断でも14才とは思えないほど健康優良児だったのに〜。それに何よりオレやビビ太がくしゃみをし始めた時、母さんはくしゃみさえしていなかったんだ。
j0670.jpg


最初に風邪を引いた風太兄ちゃんが逝っちゃったのは母さんが逝く4日前。我が家の大事な家族をたった4日の間に2匹も失って猫娘はずっと自分を責めてた。何故風邪引きのオレを隔離して風邪菌が蔓延しないようにしなかったんだろうと。泣きながら自分を責めて責めて責め尽くしてた。そしてジャネット母さんの最期の瞬間を自分の腕の中で迎えてやれなかったとずっとずっと、たぶん今でも悔やんでる。
j0710.jpg


でも悪いのはオレなんだ。ごめんな。くしゃみしてた風太兄ちゃんと散歩に行ったりしてたから。オレ達「猫の時間」は人間よりもずっと早いスピードで過ぎていく。どうやっても人間より先に命が終わってしまう。猫娘は「もしもの時」が来たら無理な延命はせずに自分の腕の中で送ってあげると言ってたのに、でもやっぱり少しでも長く生きて欲しいとジャネット母さんを病院に預けて、急変して駆けつけた時には間に合わずにひとりで逝かせてしまったとその時の話はココでも悔やんでいるもんな】だから今でも「ジャネットごめんねごめんね」って何度も何度も言ってるんだよな。でも猫娘、きっと母さんなら「気にしなくていいのよ」と言ってると思うよ。いつまでも引きずってたら怒ると思うよ。オレにもいつかそんな日が来ても、猫娘には笑って暮らして欲しいも〜ん。飼い主の涙なんて見たい奴はおらんのやで。

 

***********************************
あれから10年も経つんだな〜。
オレ頑張って母さんより長生きするよ。
にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ 
***********************************
| 猫娘(ねこむすめとにゃんず) | 想い出日記 | comments(20) | - |
キララン (2018/02/12 5:32 AM)
もう10年?まだ10年?どちらにしてもこれから先も何年経とうと遺された側の気持ちが癒える事は無いのかもね・・・ふとした瞬間に思い出したりあの時この時が鮮やかに蘇り思わず涙にくれる・・自分の気持ちに自分でも対処できない・・・どうしたらいいか分からず途方に暮れる・・・
でも遺された側は生きていくしかないのよね。
ジャネットちゃんは何時も猫娘さんの傍で見守っているから余り自分を責めないでね。猫娘さんもジョージ君も・・・誰カレが悪いなんて無いんだから・・・
可愛い可愛い今月のカレンダーのジャネットちゃんの目を見つめると自然に癒されるよ。

チビ助のママさん、ぶっちゃんママさん、ピーンポン!この3連休毎日孫守り+雪かき(1日何度も)
疲れ果て昨日の朝はコメ出来ませんでした〜〜
今朝も天気予報通りに大雪です!!
流石に広い我が家の庭も雪を捨てる所が無くなってきました〜〜
今年の春は植物(特に木々)がかなりダメージ受けているかも〜〜枝折れが凄い!!

猫娘さん、全てが軌道に乗るまではまだまだですね。(ため息)
キラ子が『春よ来い』と思っているのと同じかそれ以上に猫婆様に関するすべての事柄に早く春がきますように・・・木々や花が芽吹いて大きくなるのとは逆に高級(本当に高級というか高額なんですね)梅干しが出来ますように・・
taza (2018/02/12 6:01 AM)
あれから10年。
いつまでたっても、悔やまれること。
ご自分を責めないでくださいね。
ジャネット母さんはいつもそばで見守ってくれていますよ。今の猫娘さんの状況を「つらいわねえ、」なんてつぶやきながら。

3連休といえばキラ子さん、やっぱりでしたか。
それに大雪が追い打ちをかけていますね。

moyoさん、キャサ子さん、座布団進呈!
チビ助のママ (2018/02/12 6:48 AM)
おはようございます。
今日はいい天気になるのかな?
チビ助も今年15歳になります、膀胱炎、腎不全の治療をしていますが、オシッコの時間が夜中に集中している時が多い日があります。
ノミ取り薬も変更したけど、ハゲが広がっているんです(;_;)

まだ10年、もう10年、何を考えても後悔がありますね(;_;)
自分を責めないでください、最大限出来る事をした結果だと思います。
リッキーが逝って一年1ヶ月が過ぎ、チビ助の病を持って行ったって思っています。
チビ助も1日寝ている時間が増えました。

キラランさん、大当たりでしたか(;_;)
先日の東京の雪かきだけで大変だったのに、それが毎日となるとやっぱり息子さんが雪かきしてくれたらと思ってしまいました。(;_;)
分かっていても願わずにいられないんだよね。
体調に気を付けて過ごしてくださいね。

猫婆様の治療費も高額ですよね、高額医療費の申請をしても毎日使う品物じゃね。

今日もファイト♪\(^^)/
サッティ (2018/02/12 7:18 AM)
おはようございます

ジャネット母さん10年なんですね
私はそのころはまだ見てなかったんで知りませんが
とっても優しい猫ちゃんだったんですね

ジョージお兄ちゃん長生きしてね
やらいちょう (2018/02/12 8:31 AM)
10年ですか&#12316;。
でも思い出は
年々鮮明になるでしょうね。
みんなのことを
高いところから守ってくれていることでしょう。
amesyo (2018/02/12 9:08 AM)
今月のカレンダ−はジャネットママなのね

いつまでも亡くなった子の事は・・思い出すことも辛くなる・・精一杯の事はしてあげられた?あなたからは充分な愛をたくさんもらったけど・・・充分な愛をあげることはできたか?もっと気を使ってあげていれば 長生きできたの?とか・・はやとが同じように腎不全膵炎などになり・・手作り野菜などあげるよようになり数値が安定・・あんずにももっと勉強してあげていればと後悔の毎日・・毎朝あんずの写真にごめんね勉強不足で長生きさせてあげられずに・・と・・はやとを守ってあげて・・って・・
きっと、ジャネツトママもジョ−ジ兄さんの事守ってくれてるよ、勿論猫娘さんの事もね
忙し中 ブログ訪問感謝・コメまでいただいて
こうして、猫娘さんブログが更新されているだけでいいから〜それが猫娘さんが元気でいる証拠・・だからね、これからはますます手のかかる気を使うことが多くなるから、少しでも自分のために時間を使って、休むようにしてくださいね
Anne (2018/02/12 9:52 AM)
10年が経つんですね!
「猫の時間」はずっと短いってちゃんと意識して圭佑と過ごさなきゃって改めて思いました。

年を重ねると、若い子が回復しても、同じように回復出来ないこともあるものね。
誰のせいでもないよ!
今月のカレンダーで毎日ジャネットママに会っているよ〜!
ぶっちゃんママ (2018/02/12 10:12 AM)
更新された直ぐに記事を読んで涙が出てきました。
猫娘さんもジョージ君も自分を責めないでほしいと強く思いました!
ジャネットちゃんは肝っ玉母さんだから
虹の橋でも皆の世話をしてることでしょう(笑)
ジョージ君が入院した時も、ジャネットちゃんが、絶対こちら側に来たらあかん!まだまだ猫娘さんやみんにゃを守らなあかんよ!て、言ってくれたから
ジョージ君は無事に退院して元気になってきたんだと私は思ってます!
猫婆様、大人しいのですね!ビックリ!
障害者手続きは、母や妹がしてるので
申請に1ヶ月ほどかかるのは、ケアマネージャーの方から聞いて知ってますが、
ほんと色々お金が出て行きますね!
猫娘さん、私の胃痛心配して頂き有り難うございます。
もう気持ちの切り替えでしかないかな(笑)
義姉が、あちこち痛がってて、ベッドから起きるのが大変で、義母が手伝ってるけど、体力がもたないみたいです!
ヘルパーさんに来てもらってるんですけどね!
義姉の旦那様も、週末とかに東京と大阪の往復してます!
正直な気持ち、治療の初めから東京で手術できてたら本人も旦那様も、もう少し楽になってたのにと思ってます!

キラランさん、やはり子守りと除雪でしたか!息子さんが除雪だけでもしてくれたら助かるのにね!
福岡も夜遅くから雪が積もり今朝もまだ残ってます!

長くなってスミマセン。
たんぽぽ&ぴょん (2018/02/12 12:00 PM)
10年経つんですね。今までのわが家のにゃんずたちも、いろいろあってもずっと思い出はついてきて…楽しい思い出も悲しい思い出も後悔さえも懐かしくて。

カレンダーのジャネット母さん、全国各地のコメ家族をじっと見つめて見守ってくれています(^^)/

今朝、こちらも庭先が白くなっていました。お隣のうちにはちっちゃい雪だるま。こともたちの歓声も聞こえます。(あの子たちは雪をかぶった景色見たことないだろうな〜)

猫娘さん、猫婆様の入院生活、気をつかうことが多いですね。ジャネット母さんが支えてくれているはずです。ファイトっ!!
moyo (2018/02/12 2:10 PM)
10年なんてあっという間でまだまだ悲しい気持ちでいっぱいですよね。
そんなに自分の一部なくらい愛しいジャネット母さんですから猫娘さまは心の一部をきりとられたような悲しみが続きますよね。
でもそのくらいニャンコと心が通じ合えたら幸せです。
 
女の子のニャンコはまえにエヌエ〇ケーのテレビで大好きな家族のことは姉妹としてとらえてるんじゃないかってやってましたよ。手のかかる妹(笑)って。だから食べろってネズミや小鳥を持ってきてくれるんだって。大変愛が重うございますね(笑)生をどう食べろと。。。

キャサ子様、ルドルフのママ様、taza様わらってくださってありがとうございます。座布団うれしいです!
ルドルフのママ (2018/02/12 3:26 PM)
10年経つんですね。。
何年経っても、後悔してしまう・・。
あの時、もっとああすればよかったのに・・と・・。
肝っ玉母さん!のジャネットちゃん、虹の橋でもみんにゃのお母さん☆やってるよね♪
弥生 (2018/02/12 3:32 PM)
10年ですか…もうそんなに経つんですね。
でも今でもすぐそばでみんなのことを
見守ってくれてるような気がします。
当時は後悔もたくさんあったでしょうが
この先後悔することのないように
ニャンズと接していきたいですね。
スージー (2018/02/12 3:49 PM)
ジャネット母さんは家のリナちゃんに良く似てる猫さん。ビビ太君とジョージ君の身代わりになって虹の橋を渡ったんだのね。私の家では夫が倒れ、入院中に、保護犬のロリ君が私の腕に抱かれ、「母さん幸せだったよ」と言いながら(そう感じたの)虹の橋へ。夫の身代わりになって亡くなったと思ってるわ今も。でも、いつも私達の側にいて見守ってくれてるのよね。ジャネット母さんもいつも猫娘さんと一緒にいるわねきっときっと。
たすくママ (2018/02/12 4:52 PM)
ジャネット母さんが亡くなってもう10年…。
ブログで報告してくれたことはまだ鮮明に覚えてるのに。我が家のヘッケルも来月で亡くなって10年になります。当時は知識もなく、ヘッケルには充分なことしてあげられなかったから心残りはたくさんあります。猫娘さんが一番悔やんでいるのはご自身の手の中で母さんを看取れなかったことだと思う。私もチャットを病院で1人で逝かせてしまったから今でも申し訳ない気持ちでいっぱいです。ヘッケルは病院でなかなか回復せず、家の方が良くなるかもと、迎えに行って家に連れて帰ってきた途端に事切れてしまって…。
家で最期を迎えたい気持ちで頑張ってくれてたのだと思います。
母さんが最期を家で迎えられなかったのは本当に悲しいことだったけど、やっぱりジャネット母さんはみんなの母さんだった。母さんのことがあったからビビ太くんのときは自宅看護でみんなに見守られて虹の橋に行くことが出来たのですもの。
理屈でなく、本能でみんなを愛し包んでくれた母さんの肝っ玉には本当に感服しきりです。
いつまでも忘れられない猫さん、いや母さんです。
445 (2018/02/12 7:59 PM)
もう10年なんですね…。
特別な子ってやっぱりあって、飼い主と飼い猫(飼い犬)の関係じゃないその子たちって何か大事な使命を持って来ているんだと思う。
ジャネットちゃんもそう。大事なことを果たして安心してお空に帰ったと思います。
今もしっかり見守ってくれてますし!

猫娘さんや皆さんのいろいろなこと読むだけ読んでスルーしてて…。
1週間前に発熱してから連日38度越え。7日目にしてようやく37度くらいに落ちました。やっぱりインフルですかねぇ。
39度過ぎると変な夢を見ます。
ショッカーがイーとかキーとか鳴きながら猫婆さんの癌をお手玉してました。埋め込んであった腹黒が操作ミスを冒したので宇宙へ持って行って修復を図るとか。。イヤ、修理いらんからぁ!とか言って目が覚めました。シュールすぎです。
みきぽん (2018/02/12 9:22 PM)
今でもあの時のことはハッキリ覚えてるよ
立て続けに愛する子たちを見送ることになって
猫娘さんのご心痛は私の想像をはるかに超えてたと思う
わたしにとってもジャネットさんは大好きなネコさんだったから
ネネさんを迎えたときに、勝手にお名前から1字頂いちゃったのよね
今我が家のリビングのカップボードにジャネットさんのお写真と
ネネさんの写真が並んでるんだ〜
夏にはチャームちゃんのうちの子記念日10周年なのね
ホント時間の経つのは早いね
キャサ子 (2018/02/12 11:04 PM)
愛する我が子を失うというのは、筆舌に尽くしがたい辛さ、悲しみ、悔しさがあります。

猫娘さんが愛して止まなかったジャネット母さんは、きっと今は「もう苦しまなくていいのよ、虹の橋でみんなと一緒にゆっくり待ってるから」と思ってる事でしょう。
どんなに忘れようと思っても忘れられないというのは、いつも心の中にあるという事。
それが原動力となって、三にゃんずを思う今の猫娘さんがあるんですよね。

私はジャネット母さんを知りませんが、猫娘さんを通して見てるような気がします。

ひにゃんこ (2018/02/12 11:43 PM)
ジェネット母さん いつもニコニコみんにゃの事見守ってくれているんでしょうね〜 いつも2月の写真でお会いしてます。

どなたも特別な子や、もっとこうしてあげればの後悔はねこさんやわんこと暮らせばありますね。
特に猫さんは年を取ればほぼ100%近く腎臓になんらかのトラブルを抱えるそうですもの。
どれだけ頑張っても、後悔してしまうんですよね〜 自分の手の中で見送れれば少し違う気持ちも湧くのでしょうが、猫娘は衝撃的でしたね。今日は虹の橋から戻って猫娘さんの事いいこいいこしてくれてるんじゃないかな〜

猫婆さま、今のところおとなしいそうですね。このままおとなしいままでいてくれないかしらね〜

インフルエンザも過ぎ去り、やっと日常に戻りました。でもまだ咳も喉鼻の炎症が残っています(これはただの風邪なんですって〜)
元ニャンコの母 (2018/02/13 12:01 AM)
ジャネット母さんが体の一部だったという猫娘さんの言葉、心に突き刺さります。
愛するものを失った時は、どんなに納得して逝かせても、何かしらの後悔が残ります。
ましてや、腕の中で旅立たせてあげられなかったという思い・・・。すごく解ります。
10年という歳月は長いようでも、昨日の事のように鮮明にフラッシュバックする事があります。
その瞬間はとても哀しい・・。でも偉大なジャネット母さんの存在が、全て今の猫娘家の諸々に繋がっています。
ジャネット母さんの優しい眼差しが、いつも猫娘さんを包んでいますよ。
猫娘 (2018/02/13 2:08 AM)
♪ブログをご覧くださった皆様へ♪
今日はたくさんのお優しいお言葉をありがとうございました。ジャネットが
逝ってしまって早10年。まだジャネットを抱っこした時の手の温もりとか
覚えているだけに、もう10年も経ったなんて信じられないな〜。あの時は
風太が旅出ってたった4日しか経ってなくて本当にいきなり地獄に突き落と
されたような気分になっちゃって。ジャネットをひとりで逝かせてしまった
事とかうじうじいつまでも引きずってたけど、さすがに10年、いつまでも
うじうじしてたらジャネットに怒られちゃうもんな〜。そろそろ卒業しなく
ちゃダメよね。でもほんとジャネットってイイコだったの。肝っ玉母さんと
いう呼び方がピッタリな優しい子だった。ジョージが我が家の立派な家長に
なれたのも、弟や妹に譲ってほんまは自分が一番甘えたいのに我慢する様も
きっとジャネット譲りなんだと思う。ほんまいい子に育ててくれたよな〜。
子供も産んだ事のないジャネットだけど、あの母性本能すごいと思ったよ。
今はきっと虹の橋で寂しい思いしてる子をぎゅっと抱きしめて、みんなの
母さんしてるんだろうな〜。今夜は夢に出て来てくれないかな。あたしも
ぎゅっと抱っこして欲しいのよ。そうそう445さんの見はった夢、あまりに
面白くって〜!ショッカーが猫婆の癌をお手玉?埋め込んであった腹黒が
操作ミスって?それもう返していらんから〜!腹黒いらんってば!今日の
猫婆は朝見に行ったら拘束ミトンが片手だったし、栄養チューブが外れて
たから、てっきり朝からお粥食べたのかと思ったら。なんと自分で外して
しまったらしい。熱がまだ下がらないし飲み込む力が落ちちゃってるんで
重湯も延期になっちゃったんだよね〜。しかし拘束ミトンは何故外されて
たのか?夜勤の看護士さんが外したのかな?鍵つきミトンだから自分じゃ
外せないんだよね〜。自分でチューブとか点滴とか外しちゃいけないので
またまた両手に拘束具付けられて、ちょっと可哀想な気もするけど。でも
24時間見張ってる訳にもいかない今は仕方ないしね〜。さすがの猫婆も
今は怒る元気もないようです。