お散歩大好き猫ブログ

お散歩が大好きなジョージ兄ちゃんを筆頭に
ソマリの姉弟チャームとマロン
大阪発信のお笑いブログを毎日更新しています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
<< 3201.ご褒美 | main | 3203.秋なのに〜 >>
3202.ふるさと

おばあちゃんありがとう。


猫娘には「ふるさと」と呼べる場所がありません。本来なら猫婆の実家が田舎になり「ふるさと」と思っても良いはずなのだけど、猫婆は実の母親と仲が悪くて縁を切っていたので、血の繋がった孫であるあたしの事も祖母は可愛がってはくれませんでした。でも26年前の冬、猫娘に「ふるさと」が出来たんです。それは新潟県と長野県の県境にあるスキー場の近くにある民宿。その民宿のおばあちゃんと仲良くなり、ずっと可愛がってもらい、いつの間にか本当のおじいちゃんおばあちゃんのように思っていたのです。
0515.jpg

冬はスキーで何度もお世話になって、夏にもゴルフや花火で里帰りと称して避暑に行ってました。冬は餅米から手作りのお餅を持たせてくれて、夏には山盛りのとうもろこしやトマトを送ってくれました。ほんと故郷からの贈り物みたいでしょ。

6807_1.jpg


大阪で仕事を終えて信州まで車で500km走ると真夜中になっちゃって、でもおじいちゃんは夜中に起きてストーブを付けて部屋を暖めて待っててくれました。おばあちゃんは手作りのお寿司や食べきれないほどのご飯でもてなしてくれ、スキーに行く度に故郷に帰ったような安堵感がありました。おじいちゃんが倒れて民宿は止めちゃったけど、それでも信州に行けば必ず顔を出してました。

6789_1.jpg


その民宿のおばあちゃんが亡くなったと昨日電話があったのです。おじいちゃんは何年も前から入院したままだったので、えっ?おじいちゃんじゃなくておばあちゃん?と一瞬耳を疑いました。肺に水がたまって入院、でも良くなっておじいちゃんの病室に移ると言う話が出た矢先に肺炎で。享年91才、突然のことだったそうです。
2090_1.jpg

猫娘が本当のおばあちゃんと慕っていた方の突然の逝去。ほんとはすぐにでも飛んでいってお別れをしたいんだけど、500kmもあるとそう簡単には動けません。おばあちゃんはこんなお顔だからね、ビビ太ジャネット頼むよ〜。今のあたしには猫婆の介護もあるしね。今日もまた家の側で転けて目の上にたんこぶ作ってたし、ほんま最近目が離せないんだ。

3356.jpg

 

すぐに弔電を打とうと思ったけど電報の文例を見ててもピンと来なくて、おばあちゃんにお供えしてもらおうと長い長いお手紙を書いて送りました。でも手紙書いていたら涙がボロボロ溢れちゃって。そしたらマロンが猫娘の涙をぺろぺろと舐めてくれたんですよ。
8783.jpg

実の祖母が亡くなった時には涙なんて出なかったのにな〜。でもマロンったらそりゃもうぺろぺろ舐めまくるんですもん。ざらざらの舌であちこち舐めまくるから胸の上とか二の腕とか皮膚が赤くなるほど。もう大丈夫だってば。
7904.jpg

猫娘は子供の頃に猫婆の実母であるおばあちゃん家に預けられてて、お蔵に閉じ込められたり、お風呂にブクブク沈められて溺れかけたり、犬小屋で寝かせられたりしてたから、祖母の愛ってのを知らなかったんだよね。まぁ一番分からないのはそんな実家に小さな娘を平気で預けてた猫婆の方なんだけどね。
0547_1.jpg

 

昨夜も「信州のおばあちゃんが亡くなった」と猫婆に告げると「私が死ねば良かったと思ってるんでしょ」とか怒鳴って、お仏壇に何度もお線香を供えてお見送りしてたら「線香くさいくさい」って怒ってばっか。もう少し可愛いおばあちゃんになれないものかな〜。認知症のせいなのか性格なのか分からないけど。そういえば入院したままの民宿のおじいちゃんも認知症がひどくなって、おばあちゃんの死は理解できなかったそうです。認知症ってそういう病気なのかな〜。

 

***************************************
虹の橋のジャネットにビビ太にお願いしたよ。
おばあちゃんが寂しくないようにお見送りしてね〜。
にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ  
***************************************
| 猫娘(ねこむすめとにゃんず) | 想い出日記 | comments(17) | - |
キララン (2016/10/02 4:59 AM)
叶姉妹のそれか?・・思わず目がフェルマータ♪←キャサリンさんパクってしまってごめんなさい。
哀しみの中更新してくださりありがとう。
お決まりのような文面の弔電より猫娘さん自身の言葉で連ねたお婆ちゃんへの長い長いお手紙。お婆ちゃんもこのイラストのようなお顔で喜んでいますよ。

改めて信州のお婆ちゃんに感謝です・・・

縁を切った実母に小さい猫娘さんを預けてた猫婆様のお気持ちがやはり理解不能です。

とらちゃん、このまま元気になると信じてますよ。

昨日のコメ欄は懐かしいお名前の方もいらしてくださって嬉しいですね。
nontaro (2016/10/02 6:16 AM)
おばあちゃん、この26年間ずっとお幸せだったでしょうね。
可愛い孫娘に旬の野菜を送ってあげる楽しみや、ちょくちょく会いに来てくれる嬉しさとか、きっと毎日のように猫娘さんの幸せを祈っていたに違いありません。

人の心は鏡のようで、明るい気持ちを向けられれば明るい気持ちを、暗い思いを向けられれば暗い思いを返してしまうものですから、猫娘さんとおばあちゃんには互いに深く思いあう強い絆があったんですね。
優しい猫娘さんに愛されたおばあちゃん、猫娘さんを大切に思われていたおばあちゃん。
おばあちゃんの身体は神様のところに戻っても、きっと猫娘さんの傍らに心は残していかれた事でしょう。
これからもずっと側で、猫娘さんを見守っていらっしゃるのだと思います。
harry (2016/10/02 6:29 AM)
信州のおばあちゃんのご冥福を
お祈りいたします。
taza (2016/10/02 7:22 AM)
ありきたりの弔電文では猫娘さんの気持ちはとても表現できなかったんですね。
長い長いお手紙を書きながら涙を流した猫娘さん、
おばあちゃんはかわいい孫娘をこれからもきっと見守ってくださいますよ。

とら。ちゃん、回復に向かっていますね!
パンチも出るようになったって!よかった〜!!
サッティ (2016/10/02 7:27 AM)
おはようございます
本当にいい出会いをされたんですね
ご冥福をお祈りいたします

マロンちゃん凄くお姉ちゃんに甘えてますね
チビ助のママ (2016/10/02 7:36 AM)
おはようございます。
曇り空の朝です。
天気が悪いからか頭痛がひどいですね(T_T)
ララほっぺさん、ありがとうございます。
チビ助は薬は飲んでくれていますが、現状維持が精一杯です。
ご飯もおかわりするくらい食べていますが、痩せました。

とらちゃん、本当に良かったですね。
頑張りましたね(=^ェ^=)
応援していますょ(^.^)

猫娘さん、悲しみ深いけどお婆ちゃんがお空から見守ってくれていますょ。

今日もファイト♪\(^-^)/
ハニ兄貴 (2016/10/02 7:50 AM)
お婆ちゃんお爺ちゃんとの素晴らしいご縁、本物の愛が伝わってくるよ。猫娘さんには優しい祖父母が、お二人には可愛い孫娘が出来て、とても幸せな時間が流れていたのね。だからお二人とも猫娘さんの幸せを心から願い、いつもいつまでも見守ってくれているね。お婆ちゃんのご冥福をお祈り致します。
しつこい台風で暑い寒いが引っ切り無しの日々ですが、皆さまが健やかに過ごせますように。チビ助のママさんの痛みが引きますように。猫娘さんの毎日がノーモア勃発でありますように。とら。ちゃんが1日も早く元気に回復してご家族が安心して毎日を過ごせますように。
姫ママ (2016/10/02 9:30 AM)
猫娘さんにとっての実家は信州のお家ですね。
近くにいなくても行けば会える。。
いつも寄り添っていてくれたお家ですね。
おばあちゃんのご冥福をお祈りいたします。

とら。ちゃんよかったですね〜

moyo (2016/10/02 10:08 AM)
優しいおばあちゃんがなくなられて猫娘さま大変な悲しみのなかで更新ありがとうございます。たくさん泣いて気持ちをため込まないようになさってください。本当のおばあちゃんだったのですよね。
愛情の深さは血縁なんかじゃないですよ!

とら。ちゃん回復に向かっていて良かったですね(⌒▽⌒)
猫の幸せが私達人間の幸せです&#8252;

あるみ (2016/10/02 10:28 AM)
おはよう(^^)/
猫娘さん、信州のおばあちゃんをしたっていたのにほんとうにショツクでしたね。
血が繋がっていなくても自分のことを親身にいつも考えてくれるって嬉しいよね。
でも猫娘さんの心のなかでおばあちゃんはいつまでも見守ってくれてると思います。

みかんは少しだけ落ち着き来週に甲状せんの
検査をしてみようと思ってます。
amesyo (2016/10/02 1:28 PM)
好きな方が逝くと・・辛いよね・・
おばあさんおじさんのお世話の心労・・
痴呆症・・と言っても時々「ハッ」とするような受け答えをするからビックリよね・・
心よりご冥福をお祈りいたします
naonao♪ (2016/10/02 1:43 PM)
おばあちゃんの
ご冥福を心からお祈り申し上げます。
寂しいですね。

こんなときですが
とら。ちゃんの退院明日に
決まりました。

週2回の通院がありますが
元気に猫パンチ炸裂しているそうです、

まずはお知らせまで。

キャサリン (2016/10/02 8:38 PM)
大好きなおばあちゃんの突然の知らせに、猫娘さんの心が大きく揺れている事と思います。
血の繋がりではなく、心の繋がりが大きい人が居なくなると、本当に悲しいです。
すぐに駆けつけられる距離ではありませんが、ゆっくりお話ししに行けるといいですね。

naonaoさん、とら。ちゃんはひとまず大きな峠は越えたようで良かったヨカッタ。
ルドルフのママ (2016/10/02 9:26 PM)
猫娘さん大丈夫ですか。。
心のふるさと!大好きなおばあちゃん。。ジャネットちゃんとビビ太くんがお側についてくれてますね。。

とら。ちゃん、退院が決まってよかったです。
元ニャンコの母 (2016/10/02 10:01 PM)
今すぐ優しいお婆ちゃんの元へ飛んで行きたい気持ち、痛い程分かります。
自由にならない今の状況。
今日は心ゆくまで優しかったおばあちゃんの事を思い浮かべて、いっぱいお話ししてあげて下さいな。
猫娘さんの涙をマロン君が舐めてくれるなんてちょっと痛いけど嬉しいネ♪

とら。ちゃん、猫パンチ出る程元気になったみたい。良かったわ〜〜☆☆
猫娘 (2016/10/03 2:00 AM)
♪ブログをご覧くださった皆様へ♪
今日もたくさん見てくださってありがとうございました。ゆうべはお返事
書けなくてゴメンね〜。書いてる途中に階下で大きな音が。駆け付けると
仏壇のお供えの果物をこっそり食べようとした猫婆が、お線香の器を倒し
灰を床にぶちまけてたんですよ〜。灰ってフローリングの間に入り込んで
夜中に掃除機かけたり雑巾がけしたり。あたしがせっせと掃除してる間も
猫婆はお供えのブドウを頬張って、お布団にブドウのお汁がいっぱい飛び
夜中にシーツを洗う羽目に。夜中から雨が振り出し外に干せないので部屋
に干せるように紐を貼ったり、終わったらもう疲れ果てて寝ちゃいました。
ほんまに最近意地汚いというか、やたら食べ物を荒らすので困っちゃうの。
信州のおばあちゃんのようにみんなに愛されるようなお婆ちゃんになって
欲しいのに、猫婆には無理なんかな。まっデイサービスとかじゃ大人しい
おばあちゃんをやってるみたいなんですけど。最近は慣れた介護士さんに
逆ギレしたり、お風呂入れようとしても拒否がひどいとか色々出て来てね。
今日は今日で猫婆のお友達で(男性)ブログを見てはる人がお婆ちゃんの
記事見てお悔やみの電話をくれはったの。猫婆は当然のように覚えてなく
「何のこと?」「娘はあたしには言わないのよ」とか言っちゃって、私に
電話を替わってと、あたしが猫婆のお友達と話してたもんだから、電話を
切ってから豹変して「私のボーイフレンドを盗る気でしょ」とか怒鳴って
物は投げるわで大変だったの。最近は被害妄想の気が出て来たみたいだわ。
とにかく家ではあたしに対する態度がすごすぎて手を焼いちゃっているの。
あたしには自宅では静かに悲しんでる時間さえ与えてもらえないみたいね。
そうそうnaonaoさん、主さんから今日もお電話もらったよ。とらちゃんが
退院できるとのこと。猫パンチする元気が出たこと。胃瘻はしばらく続ける
けど、それはもしもの時にまた麻酔じゃ大変だからという意味で、様子見て
外せるようになるとのことも。ほんまよかった。沢山輸血して下さる猫様も
見つかって、腫瘍摘出の手術も出来て退院まで漕ぎ着けたこと。みなさんの
応援があればこそですもんね。ほんまに嬉しいよ。信州のお婆ちゃんの事は
寂しいけど、見送る命もあれば、助かる命もある。神様に召されるときって
自分じゃ決めれないもんね。ほんま神のみぞ知るだわ。
たんぽぽ&ぴょん (2016/10/03 10:29 AM)
猫娘さん、大好きな信州のおばあちゃんのご冥福、心からお祈りします。大切な人がいなくなるって本当に寂しくて辛いです(ことばは出ませんよね)
トラちゃんのことホッとしました。少しずつ回復してほしいです。
猫娘さん、おばあちゃんは猫娘さんの気持ちよ〜くわかってくれてると思います。