お散歩大好き猫ブログ

お散歩が大好きなジョージ兄ちゃんを筆頭に
ソマリの姉弟チャームとマロン
大阪発信のお笑いブログを毎日更新しています。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
<< 2708.変身芸でち | main | 2710.ありがとう >>
2709.家出中
長いこと黙っててごめんな〜。

今日はちょっとオレから話があるんだ。実は皆さんに話してなかったんだけど、半月前から猫娘が家出してるんだ。猫娘が家を出たのは5月10日、右腕を怪我して出張から帰って来た翌日の事だった。あの日は母の日だったのに猫婆がとんでもない事件を起こして、さすがに猫娘の心も折れちゃったんだ。でも家出と言っても普通の家出とちごて、昼間は普通に帰ってくるんだ。あいつオレ達に会わずには生きていけないからな〜。それにオレ達のトイレの掃除とか、家の事も色々あるし、猫婆の食事だって用意せんとあかんしな。でも夜は仕事場のソファーで寝てるらしい。
2688.jpg

猫娘は利き腕である右腕を怪我して仕事もろくに出来ないから、今までと違って昼間時間が出来たからって、猫婆がデイサービスに行ってる時間を狙って帰ってくるんだ。洗濯機を回して洗濯物が乾くまで、オレ達とたっぷり遊んでくれるんだ。だからマロンなんて「毎日が日曜でち」って逆に喜んじゃってじゃってるけどな。今は右手が使えないからカメラも持てないし、庭に出ても写真撮られずにゆっくり出来る日が続いてるから、その点はオレも気に入ってんねん。
2649.jpg

夕方になって猫婆が帰ってくる前に猫娘は出て行こうとするんだけど、オレ達が後を追わないように美味しい猫缶を出してくれて、それを食べてる間にそーっと出て行っちゃうんだ。チャームが後追いすると猫娘は涙ボロボロ流して「ゴメンねゴメンね」って大泣きするんだ。オレ達に寂しい思いをさせてるのが余程辛いらしい。仕事場で寝ててもキャットシックになってるって話だし。本当はオレ達も連れて行きたいらしいんだけど、さすがにペット禁止の仕事場に3猫は無理だし、それが一番つらい事なんだって。
4240.jpg

それでも猫娘が産まれて初めての家出に踏み切ったのにはそれなりの理由がある訳で。認知症とはたぶん関係ない、もともと宇宙人だった猫婆に対してなんだ。その気持ちもわかるだけにオレも我慢してるんだけど。猫娘はオレの目をじっと見つめて話してくれるんだ。その目を見てたら今猫娘の心がどんだけボロボロかって事もわかるんだけどな〜。
それに猫娘が出て行った後も猫婆は毎日問題ばかり起こして、その後始末に追われて大変みたいなんだ。たぶん猫婆は猫娘の気を引くために今まで以上に大事件起こしたり、ひどい事言ったりするんだろうけど、それが逆効果だってわからないのかな
1481.jpg

最初は数日のプチ家出だろうと思ってたけど、でももう半月。さすがにオレも我慢出来ひんなって来て、こないだ猫娘が玄関出る時に大きい声で「うぉぉ〜ん」って叫んじゃったんだ。猫娘はそのオレの声が耳から離れなくて、一生懸命帰る努力をしてるみたいなんだけど、猫婆の世話してると息が苦しくなっちゃうらしくて、やっぱり夜は仕事場で寝るって行っちゃうんだ。でも最初は家に入る事も出来なくて、玄関で過呼吸みたいにハァハァとなっちゃって倒れて通行人に助けられた事もあった位だから、半月で随分マシにはなったみたいだけどな。猫婆の手を引いて病院にも連れてくようになったし、今夜も猫婆が晩ご飯食べるまで見てたし、最初は顔も見れなかったのに随分進歩したんだけどな。でももう少し時間が必要なのかな〜。皆さんからの励ましのお手紙やメールは猫娘は全部読んでるからな。でも今はお返事する言葉が見つからないって、謝ってくれって言ってたよ。もう少し待っといたってな〜。あいつはあいつなりに自分の心と向き合って色々考えてるみたいだから〜

*****************************************************
最近猫婆は自分の事は自分でするようになったよな〜。
本当は出来る事も今までは出来ないフリしてたんだなっ。

  
****************************************************
| 猫娘(ねこむすめとにゃんず) | 3にゃん日記 | comments(28) | - |
ひにゃんこ (2015/05/27 1:17 AM)
どんな思いでジョージくんに話しをしてみんなに伝えて貰ったか!!
猫娘さんの心中察すると何も言えないでち。

でもちょっとだけ話せた事で進めたのかな??って
でもね、無理しないでね。まだまだコメント欠席届け出てるもん!

ジョージくん泣いちゃっただね〜 おばちゃんも泣けるわ。
みんにゃ、今は頑張るんだよ〜〜
せんきち (2015/05/27 3:40 AM)
頑張れとはいえません。

わたしも色々重なって「心がポキっとね」の時期があり、自分では沈み込むばかりだったののですが、縁あって、生かしてもらい、心療内科へ行くようになりました。
聞いてもらうだけでもいいし、色々なお薬もあります。
わたしは、少しだけ楽になりました。

猫娘さま、自分を一番大切にしてくださいね。
めー (2015/05/27 4:51 AM)
対人ストレスによる過呼吸、
私もなったことがあります
その人が、不意に目の前を
横切るだけでダメになり
とても大変でした。
そして、なるかもしれないという
不安が常にあり、怖いと感じていました。

猫娘さんは猫婆様が原因で、
本来安らぐ筈の家が辛いなんて
想像出来ない位
辛い事と思います。
少しでも猫婆様が
猫娘さんの気持ちに気付いて
病気とは関係ない所は
頑張ってくれると良いのですが…

ジョージ君は賢い猫さんなので
きっと色々感じているのでしょうね
切なく鳴くジョージ君は
辛そうな猫娘をみて
自分が寄り添ってあげたいと
思っているのかもしれませんね
本当に優しく賢い猫さんですね

ERI (2015/05/27 5:17 AM)
お返事なんてなくてもいいんです、そんな辛いときに更新してくれてありがとうございます。

蒼空が虹の橋に旅立ち、辛いとき猫娘さんやコメ友の皆さんに支えて貰いました。今回は私たちが少しでも心の支えになれていれば良いのだけれど…。

猫娘さん、くれぐれも無理はしちゃダメですよ!!
moёt (2015/05/27 5:33 AM)
おはようございますm(_ _)m♪
そんな状況だったのですね。ゆっくり気持を落ち着かせてクダサィねm(_ _)m☆
気の利いた事ゎ何も言えないケド、猫娘さんぃっも更新してくれて、ありがとう。
taza (2015/05/27 6:33 AM)
こんなにつらいのに、毎日の更新ありがとうございます。
過呼吸、顔を見れない、あるあるです。
3にゃんと離れてお家を出られるときの辛さ、
どんなにしんどい事でしょう!

きっと、かしこいジョ-ジクンなら ひしひしと感じとっているはずですね。
また笑える日がきっと来ます。
なんて、泣きながら書いてます、、、。

naonao♪ (2015/05/27 7:45 AM)
ジョージ君も寂しい思いして我慢してたんだね。

猫娘さん頑張らなくていいですよ。
体を1番に考えてくださいね。
ソファーで寝られてますか?

また時間ができたらゆっくりお話ししたいです。
ララほっぺ (2015/05/27 8:37 AM)
猫娘さんのお気持ち察します。辛い状況の中で更新ありがとう
ございます。ムリはなさらずにどうかご自愛ください。
Anne (2015/05/27 9:13 AM)
猫娘さん、あまり頑張らないでくださいね!

私は母のことは他の兄弟が同居で仕組みはよく分からないけれど、
少しの間、猫婆さんを預かって頂けるような行政の仕組みはないですか?

本当に猫娘さんが病気になってしまったらニャン達も困ってしまうし、
今回は利き手が使えない理由で
少しの間だけ、ショートステイのようなことは無理かしら…

まず、ご自身が健康でないと、お母様も猫ちゃんも不安から体調を崩すこともあると思うので!

ナナのママ (2015/05/27 9:24 AM)
分かります!
うちも今似たような状態で、私も母が側に居ると
吐き気がして耐えられなくなってます
娘だからやって当たり前!と思っているんでしょうね
感謝の言葉も、面倒だからと問いかけにも返事をしないんですよ
そんな相手とどうやって上手くやればいいのか…
もう拒否反応しか出てこないわ(^^;
ニャンズを連れて横浜に帰ろうかと、真剣に考えてるわよ
猫娘さんも無理せず、自分で納得できて
自然に向き合える時が来るまでプチ家出を続けてください
そうしないと猫娘さん自身が取り返しが
つかないくらい壊れちゃいますからね
痴呆や我が儘な高齢者に分かってもらおうなんて
所詮は無理なんだろうけど
でも言いなりになっていたらこっちがノイローゼになっちゃうよ
お互い一人での介護で大変だけど、ともに戦いましょう(^^)v
親の面倒を見なきゃいけないのは分かっているけど
それも自分が健康でなきゃ出来ないこと!
先ずは自分第一に考えようね
ニャンズのことも心配だろうけど、くれぐれも無理はしないでね!
ルドルフのママ (2015/05/27 10:41 AM)
心が折れちゃう・・こんなお辛い中、毎日の更新ありがとうございます。
ルドルフが病気の時、旅立った後・・
猫娘さんやコメ友の皆さんの優しさに支えていただきました。
頑張りすぎないで、一人で抱え込まないで・・
ゆっくりゆっくり焦らないで〜〜
時間が解決してくれるまで・・待ちます。。(涙)


サッティ (2015/05/27 11:15 AM)
こんにちは
凄く大変な事になってるんですね
3にゃんも寂しい思いをしてるんですね
やっぱりショートであずかって貰って
そのうちに施設に入られた方がお二人のためにも
いいんではないかな〜
moyo (2015/05/27 11:32 AM)
猫娘さま、心が折れそうな中で更新ありがとうございます。
そんなに大変な状況だったのですね。(T_T)
家出してもはきそうなんて。。。
親だからといってまともな考えをしているとは全く限らないのでそれが余計、娘にはつらいですよね。

にゃんこたちが心の支えと思いますが頑張りすぎないようお気をつけて。。。
ぽろん (2015/05/27 12:03 PM)
ジョージ君、報告ありがとう(^ー^)

涙が止まりません(T▽T)
がんばれとは言いません。
どうか心身ともに、ご自愛してください
ケアマネさんに相談されて、猫婆との距離感が修復できればいいのですが。。。

私も父と二人暮らしです。父とのことで過呼吸を起こしたがあります。
自分の気持ちと格闘する事もありあり。
辛いですよね(T_T)

コメ友さんは、温かく猫娘さんを見守っているから無理しないで、自分の癒しの時間を作ってくださいね、(^_^)

点々子 (2015/05/27 12:47 PM)
繰り返し、読んでしまいました。
これを書かれるのも、涙をこぼしながらだったのでは?とか考えちゃいました。
書いて少しは楽になられたのなら良いのになあと思います。

手を怪我されたのも、猫婆さまから少し離れなさい!って、何かの采配だったのかな?
にゃんずと離れるのはお辛いとおもいますが、猫娘さんの心を優先してくださいね。
あと、できればお風呂にはつかってください!身体の疲れの取れ方が全然違うと思います!
たすくママ (2015/05/27 4:44 PM)
猫娘さん、ここで報告できたということはドン底からは少し這い上がれたのでしょうか。
こんなときどんな言葉をかけたらいいのか…
これをしたらいい!って答えのない問題ですものね。
やっぱり時間が一番の薬なのかな。
身近に心の内を話せるお友達、猫娘さんならいますよね。
こちらのコメ欄も猫娘さんにとって心救われる場になってると思いますが、
こんなときは直にお友達の顔を見て、声を出して心の内を
吐き出すのがいいと思います。
そして無理して元気になろうとせず、時間に任せるのがいいと思います。
今チャットが瀕死の一歩手前で、こちらで元気をおすそ分けしてもらおうと
おじゃましました。
どんなに時間がかかっても、元気な猫娘さんが戻ってくるのを信じています。
無理せずご自愛くださいね。
キャサリン (2015/05/27 5:10 PM)
愛するニャンズたちと一緒に夜を過ごせない事、自分の親なのにうまくやっていけない事、辛いことが二重三重になって襲って来てるんですね。
暗く長く、今は出口の見えないトンネルかも知れません。
一日でも早く光が差してくるのを願ってやみません。
クロろんのおかん (2015/05/27 5:50 PM)
こんにちわ、猫娘さん。
こんな状態になるまで良く頑張りましたね。
でも、もう頑張らないで。
あせらなくっていいんです、今はゆっくり自分の心と身体を労わってください。
今はまだ猫婆様とも距離を置いた方がいいと思います。
それと、会社のソファーで寝泊りするのは身体に良くないのでビジネスホテルに泊まって寝てくださいね。
余計な一言だけどやはり心配なんです。

ジョージ君たち3にゃんと離れての生活は本当に辛いですね。
でも、ジョージ君たちは猫娘さんの気持ちをわかっているから理解してくれていると思います。
だから、あせらず美味しいご飯と暖かいお布団で寝て心と身体の健康を取り戻してください。

ジョージ君、猫娘さんの代わりに代弁をしてくれてありがとう。
猫娘さん、ご自愛くださいね。
amesyo (2015/05/27 6:41 PM)
猫娘さん・・辛い・・
一番の安らぎの御家が辛いなんて・・
ストレスはだめよ無理しないで
445 (2015/05/27 8:22 PM)
猫娘さん、いろいろな意味で本当にお辛い。。。
せめて身体のお疲れだけでも溜めないよう、お風呂にゆっくり浸かって手足を伸ばして眠る日をつくって下さい〜。
きっと笑える日が来ると信じています。

先日亡くなった義父は6人兄弟で全員認知症になりました。長姉と末妹だけが女で他は男。
男性の認知症はまだ可愛げがあるのに、女性は…本当に大変だそうです。(うちの場合ですが…)
義父の葬儀に唯一存命の末妹が姿を見せましたが「あれイヤこれキライ!」とまるでワガママな子供です。
その姿を見た長姉の息子(義従兄弟)が後日「母の最後の頃とそっくりで会いたくない思い出したくない」と言っていました。
あれほど理知的で面倒見のよかった方がそうなるのかと、何かやりきれない思いがしたのを思い出します。
ぽろん (2015/05/27 9:06 PM)
再び読み返しました。コメ友さんの温かい言葉でまた涙です。(T_T)
猫婆さんとの生活大変そうですね。
猫婆さんの行動が認知症と関係無いときかかれてますね。
そうかな?
今の猫娘さんの状況では、猫婆さんをかかりつけの病院につれて行くのは無理ですか?
お薬の影響とかデイケアでの些細なことで、猫婆さんが壊れたのかもしれません。
猫婆さんも寂しい気持ちから、気を引き付ける行動を起こしているかも
ケアマネさんとご相談して、早くお二人が幸せな時間が取り戻せる事を、せつに願ってます
元ニャンコの母 (2015/05/27 9:21 PM)
心的ストレスで過呼吸になるのは、相当に追いつめられた時です。
本当に想像を超えたお辛い事があったんですね。
猫婆様のこと、少しは存じ上げているので、さもありなんと思いました。
猫婆様の性格と行動が、あのお歳で今更変わるとは到底思えません。
これから先もずっと続くわけですから、お二人で暮らす今の生活スタイルの変更を模索した方がいいのではと思ってしまいますが・・・。
ことら (2015/05/27 10:33 PM)
猫娘さん、お辛いですよね…。何度も読み返して涙が出ました。
施設にお願いして少し距離を置くのも方法かもしれませんね(>_<)
ジョージくん、チャーちゃん、マロンくんは猫娘さんのお気持ち分かってると思います!
今はまだ色々と大変だと思いますがが、心身ともにゆっくり休んでくださいね。ご自愛くださいm(__)m
れいぴー (2015/05/28 12:01 AM)
猫娘さん…(;_;)
こんな状況になっていたなんて…。
まさか、家出しているとは思ってもいませんでした。

今日の記事は、涙なしでは読めませんでした。

大好きな3にゃんと、夜はお別れなんて、こんな辛い事はありませんよね。
でも、そこまでしなきゃならないくらい限界が来ていたんですね。

後追いするチャームちゃん、うぉぉーんと鳴いたジョージくん。
大好きな猫娘さんが、また行ってしまうって、思ったんでしょうね。

猫娘さん、体も心も今、とても辛いですよね。

何もしてあげられなくて、悔しいですが、ここでみんなに吐き出して、少しでも楽になってもらえればと思います。

そして、猫婆様との関係が少しでも良くなっていければいいですね。
猫婆様…何か感じてくれれば…。
でも、少し変わってきたのかな?

猫娘さんが早く自宅に帰って、夜も3にゃんと寛げますように祈っています。

猫娘 (2015/05/28 1:52 AM)
♪ブログをご覧くださった皆様へ♪
たくさんの温かいお言葉の数々、頑張らなくていいんだよって、ほんまにありがとう。今日猫婆のお友達でブログ読んでる方から「あなた介護放棄よ。ひとり娘なんだから、あなたが頑張らなくてどうするの!」って言われた時。私頑張ってたんや。いっぱい頑張ってたのに猫婆がそれ断ち切るような事をしたんやって言いたかった。でも言葉には出せなくて〜。言葉ってクチから出した途端に自分に襲いかかってきそうな気がするんだ。でもあたし心の中でずっとつぶやいてたの。「あたしは悪くない」ってね。そう叫びたかったの。今だって最低限のことはやってるんだって。でもきっと原因を話さないと分かってはもらえないんだよね。ということで書いてしまおう。独り言をつぶやいてしまおう。全部じゃなくてもいいからせめて何故家で寝れないかだけでも。きっと猫婆のお友達も理由がわからないから、猫婆のこと心配してくださってるからこそ色々と注意して下さったんだと思うから。ココに書くのはさすがにためらわれて、悩んで悩んで半月も経ったけど。今だからこそ、せめて原因となった事実だけでも書いてしまおう。自分のクチでは言えなかったけど書くなら何とか出来そうな気がする。コメレスなら、ココはあたしの本音を書く場所。あたしの日記なんだから。事実だけをココに書いて、そして全てを忘れよう。自分でもケジメが付けたくって、もう早く全部忘れたいんだ。でもうまく書けそうにないから、あたしの見たドラマの話だと思って聞いて下さいな。とんでもない昼ドラだけど、コレはその後知ることのほんの序章に過ぎなかったけど。読んでてつらくなったら全部読まなくていいから、読んだら忘れて欲しいです。

それは5月の第2日曜、母の日の出来事。A子さんは認知症の母の介護をしているが、その日は近所の高齢者会の誕生日会があって母親は外出していた。A子さんは右腕を痛めていたので、母の日だけど料理が出来ないなと困っていた。でも認知症とはいえ外出好きの母親のこと、もしかしたら晩ご飯はお友達と食べて帰ってくるかもしれないと思っていた矢先、4時頃に母親が帰ってきた。じゃ晩ご飯が必要ねと、今日は母の日だし、右手を怪我して包丁が持てないからと、A子さんは美味しいお弁当を探しに近くのデパ地下へ行くことにした。母の日のデパートは混んでいたが、帰りに母の日の綺麗なお花も買って1時半ほど経って家路についた。A子さんが家に戻ると玄関に男性用らしき靴が「お客様がいらしてるの?」と言いながら、がちゃっと部屋の扉を開けたA子さんの目に飛び込んで来たものは、床に転がる白くてまあるい物体。じーっと目を凝らすとそれは真っ裸の男のお尻だった。強姦?変質者?警察を呼ばなきゃ!そう思ったA子さんは振り絞るように「誰っ?」と大声をあげた。ごろんごろんと転がるように振り向いたのは、見たこともないお爺さん。しかも真っ裸なのだ。何が起きてるのか理解出来ず、頭が真っ白になってその場で立ちすくんだ。その見知らぬジジイは局部を隠しながらA子さんをじーっと見つめた。そしてあろうことかA子さんを見つめて笑みを浮かべたのだ。そしてその横には毛布にくるまる裸の母親。心が叫んだ。見てはいけない。見てはいけないものを見たんだ。A子さんの手からお弁当とお花がばさっと落ちた。その音で我に帰ったA子さんは逃げ出した。でも状況がよく飲み込めない。あのジジイは誰なんだ?二千円ヘルパーじゃない。いったい誰なんだ?誰なんだ?あたしが買い物に行ってる隙に?真っ裸の見知らぬ男が母親と自宅のリビングに転がっていたシーンが頭の中をぐるぐる回った。でもその状況は決して強盗でも強姦でもないことはA子さんにもわかっていた。無我夢中で外へ飛び出したA子さんは、男が飛び出してくるのを待った。5分経っても10分経っても20分経っても、その男は出てこない。普通なら飛び出してくるはずだ。でも30分経っても出て来ない。40分くらい経った頃、急に母親のことが心配になった。勇気を出して玄関の扉をそーっと開けた。その時A子さんの耳に飛び込んだのは男女の笑い声。母親とジジイは楽しそうに笑っていた。何故笑ってるんだ?娘が傷ついた事がわからないのか?娘に見られたのがそんなに楽しい事なのか?その笑い声を聞いたA子さんは車の鍵を握った。それから数時間のA子さんの記憶はない。どこをどう走ってどこへ行ったのか覚えていない。気がついた時には真っ暗な仕事場の床にへたり込んでいた。
ぽろん (2015/05/28 1:58 AM)
途中で、、
猫娘さん大丈夫ですか?
無理しないでください
猫娘(続き) (2015/05/28 1:59 AM)
自分が何を見たのか、家で何が起こっていたのか、シモの世話まで始まっていた母親の女の部分を見せつけられて、A子さんには考えるチカラも残っていなかった。翌日その見知らぬジジイが誰のか確かめるべくA子さんは電話の録音を聞いた。A子さんの母は送りつけ詐欺などの被害にあっていたため、自宅の電話での会話は全て録音されていたのだ。そこであのジジイは同じデイサービスの利用者だと解った。仲良く並ぶ写真も見つけた。そしてあの事件の後に録音されたふたりの電話も聞いてしまったのである。その会話は耳を塞ぎたくなるような内容だった。半分しか聞けなかったけれど、それはそれは強烈な内容だった。その会話を聞いていなければ、A子さんはここまで家出を続けることはなかったであろう。それほど聞きたくない内容だった。娘が聞いてはならない内容だった。それに決して認知症だとは信じがたい、普通以上に頭の回る母の会話に驚きも感じ、全てを認知症のせいにすれば楽に暮らせると思っていた事も知ってしまった。それから1週間くらいの間に母親とジジイの会話の録音は何度も何度も続いた。そしてそれ以上に聞きたくない言葉も。聞いてはいけない母親の本音を聞いてしまったのである。それからA子さんは母親がデイサービスに行っている間を狙って、大事な大事な猫達には会いに行くけれど、昼間にお庭で遊んであげるけど、夜まで居る事は出来なくなった。母親のご飯の用意はするけど、出来るなら母親が戻る前に家を出たいのだ。そして半月経った今もA子さんは、仕事場のソファーで眠ることを続けている。
ぽろん (2015/05/28 2:42 AM)
もしかして、その爺が夜は猫婆と一緒にいるから、家に帰れないのですか?
爺の家族に相談したらいいのではないでしょうか?

猫娘さんは、本当に親思いで今まで頑張ってきましたね。
猫婆さんの本音を聞いて、ショックでしたね。
もう忘れましょう
猫婆さんのお友達の言葉は、聞き流しましょう。